« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »

2020年9月

[No.1005-2]小さな世界

No.1005-2

「うぇ・・・」
「ただ、言うほどグロテクスじゃないよ」

その時、思った。
小さくても大きな世界がここにあると。

「神様ぽい発言ね?」
「なるほど!」

確かに、その世界を創造したのは私だ。
植物を植えたことで生き物が集まり、生態系が作られた。

「大げさだけど、その通りだね!」
「今じゃ、ベランダに出るのが日課」

植物を差し置いて、生き物たちに目が行ってしまう。
何か新しい“住人”はいないかと・・・。

「なんだか楽しそうね」
「そりゃ、もちろん!」

近くて遠かったベランダが、一気に近づいた。

「今度、お邪魔していい?」
「もちろん!生き物が平気ならね!」

聞くまでもなく、平気なのが友人だ。
むしろ、“好き”と顔に書いてある。

「女子では珍しい方かな?私たち?」
「だろうね、きっと!」

「おはよう!」

今日も小さな世界の住人たちに声を掛けてみる。
ザワザワ・・・と、アチコチから音がした。
S1005
(No.1005完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | コメント (0)

[No.1005-1]小さな世界

No.1005-1

登場人物
女性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
ベランダで植物を育て始めた。
特に大きな理由はない。

「強いて言うなら、殺風景だったからかな?」

洗濯物を干す以外、用がない場所だ。
近くて遠い、それがベランダだ。

「名言ぽく言わないでよね」
「あはは!かもね」

今では、ベランダが植物で彩られている。
その変わりようは自分でも驚くほどだ。

「それで、色々と気付くことがあって」

もちろん、植物に詳しくなった。
そして、もうひとつ・・・。

「もうひとつ?」
「そう!ある時ね・・・」

ミツバチがせっせと花粉を集めている場面に遭遇した。

「まぁ・・・珍しくはないよね?」

気付けば、もっと小さい何かもゴソゴソしていた。

「えっ!?なにそれ?」
「何だろう、アリのような小バエのような・・・」

この際、種類は気にしない。
小バエは遠慮したいところだが・・・。

「で、もっと隅々に目を向けたらね」

プランターの陰で、一匹のクモが網を張っていた。
そこには餌食となったであろう虫の死骸もあった。

(No.1005-2へ続く)

| | コメント (0)

ホタル通信 No.443

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.584 白いスカーフ
実話度:★☆☆☆☆(20%)
語り手:男性

読者に答えを求めるタイプの小説は少なくありません。今回の小
説もそのタイプです。

ただ、答えを求めるとは言うものの、一応、作者としても答えは用
意しています。そうしないとさすがに何でもアリのオチになってしま
うからです。
ただ、小説から読み取れるものもあれば、全く読み取れない場合
もあります。この小説は間違いなく後者です。
ですから、後日談と言いますか、舞台裏をキチンと説明する必要
ありますね。

舞台裏と言ってもさほど複雑でもなく、十分、予想できる内容です。
スカーフをしていたのは人ではなくネコで、もちろん、野良猫では
ありません。ただ、飼い猫にしてはちょっと・・・の雰囲気はありまし
たし、安っぽく言えば“スカーフのような布”でした。
ですから、スカーフに関しては少し誇張していると言えます。前半
人っぽい雰囲気で話を進める上での演出です。

前置きが長くなりましたが、そんなネコに出会い、いつものように
ナデナデしてたら、毛のひとつやふたつ、付着するでしょう。それ
を彼女に見破らていた・・・というのがオチです。
それに、スカーフをしていたのが人ではなく、ネコであると途中で
気付かれている設定です、ただ、これに関しても何の伏線も用意
していません・・・すみません。

私の小説にはよくネコが出てきます。
色んな意味で、まるで自分を見ているようで・・・今でも通勤途中
に彼らと戯れています。
T443
web拍手 by FC2

| | コメント (0)

[No.1004-2]今ならわかる

No.1004-2

「・・・知らせてたの?」
「ううん、私の口からは知らせてはいない」

反抗期も手伝ってか、詳細は何も伝えなかった。
ただ、プリントは置いておいた記憶はある。

「まぁ、心のどこかでは」
「一応、知らせておこうと言う気持ちはあったかも」

でも、迎えに来て欲しいという意味は微塵も込められていない。
むしろ、来られたら迷惑だった。

「反抗期だけに?」
「そうね、恥ずかしながら・・・」

今思えば、反抗期とは自分に対する言い訳に過ぎない。
イライラの矛先を身近に求めた結果だ。

「だから、まさか来てるなんて思わなくて」
「だうろうね」

他にも何人か、母親が来ていた。
だから、幸いにもそんなに目立ちはしなかった。

「それで、友達と一緒だったんだけど」

ごく自然に別れて、母親のもとに向かった。
特に申し合わせたわけでもないのに。

「それがさぁ・・・なんて言うか・・・」

母親を見た時、涙が溢れ出て止まらなかった。
ただ、その涙が何に対してなのか当時は理解できずにいた。

「今なら?」
「それが良くわかるよ」

あの時とはシチュエーションは違えども・・・。
こうして、子供を待つ身になれば、自然と。
S1004
(No.1004完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | コメント (0)

[No.1004-1]今ならわかる

No.1004-1

登場人物
女性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
「先週、初盆したんだっけ?」
「うん、そうだよ」

その言葉通り、亡くなった母の初盆だった。
亡くなってから、7ヶ月ほど過ぎた。

「ようやく、一段落って感じかな」

もしかしたら区切りは1周忌かもしれない。
でも、私にとってはここで一区切りにしたい。

「くよくよしてられないからね!」
「おー!その調子!」

友人の方がそれを先に経験している。
だから、何気ない言葉に勇気付けられる。

「それでね、昔のことを思い出してたら・・・」
「あることを思い出しちゃって」

とくに大きなエピソードではない。
逆に、とても“静かな”エピソードと言える。

「静かな?」
「うん・・・その表現が似合うのよね」

中学3年の時、修学旅行に行った。
一泊二日の旅だった。

「記憶があいまいなんだけど・・・」
「帰りは電車だったんだよね」

行きはどうだったか記憶にない。
普通はバスのような気がしないでもないが。

「それで?」
「帰りに駅の改札を抜けたら」

母親が迎えに来ていた。

(No.1004-2へ続く)

| | コメント (0)

[No.1003-2]まるで肩を寄せ合うように

No.1003-2

「こうするとな、余計な水分が落ちんねん!」

確かに、水っぽいものだけがボウルに落ちている。
逆に粘度のある部分は残っている。

「たったこれだけでも違うもんやで」

何がどう変わるかは別にして、そう思えなくもない。
味が濃くなるというか、密度が増すというか・・・。

「で、後は焼くだけ!」
「お早く頼むよ!おなかペコペコだよ・・・」

目玉焼きひとつに、仰々しく時間を使っている。
まぁ、それが彼女の良い所でもある。

「ほな、行くで!」

ザルから、フライパンに卵を移し変える。
食欲をそそる音が早くも聞こえてきた。

「水分が抜けたせいで形もいいよな」
「せやねん!」

白身がベチャッとならず、ふっくらしている。
見た目がホテルで食べる、あの目玉焼きのようだ。

「まぁ・・・実際、食べたことはないけどな」

あくまでも、見たことがあるレベルだ。

「これだけでもうまそうに見えるな」
「せやろ!・・・それに見てん!」

そう言うと、フライパンを指差した。

「うちらと同じやん!」

そこには、まるで肩を寄せ合うように黄身が並んでいた。
S1003
(No.1003完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | コメント (0)

[No.1003-1]まるで肩を寄せ合うように

No.1003-1

登場人物
男性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
「美味しい目玉焼きの作り方知ってる?」
「卵次第じゃないの?」

卵焼きならいざ知らず、目玉焼きにそんな違いは・・・。

「ひと手間かけると全然違うねん!」

隠し味・・・何か調味料でも混ぜるのだろうか?
でも、見る限り、それらは用意されていない。

「違う!違う!」
「これひとつでいいねん!」

そう言うと、ザルを手に持った。
野菜などの水を切る、何の変哲もないあのザルだ。

「えっ!?それだけで?」
「せや!ボウルもいるな」

今度はボウルを取り出した。
そして、ボウルの上にザルを乗せた。

「もしかして、ザルの上で卵を割るの?」
「当たりぃ~!」

割ればザルに落ちる。
ただ、それだけのように思えるが・・・。

「見ててん!」
「あぁ・・・」

当たり前だが、卵の中身がザルに落ちる。
すると、どうだろう・・・。

「あーなるほど!」
「せやろー!」

白身の一部がポタポタとボウルに落ち始めた。

(No.1003-2へ続く)

| | コメント (0)

ホタル通信 No.442

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.598 風化
実話度:★★★☆☆(60%)
語り手:女性

う~ん・・・何だか背景が分かり難い小説ですね。作者ですら少
し考え込んでしまいました。

ラスト付近に「言わば、2年という時が・・・」のセリフがあります。
これからすれば、2年前に何らかの出来事が起こっており、それ
が風化して今に至る・・・ということになります。
では風化したそれは何か・・・覚えているようで覚えていません。
実はこの小説、小説上の私や作者の経験談ではなく、他人の
経験を描いたものです。そのため、風化したものがなんなのか、
今一つはっきりしません。

そこで、小説の投稿日などを参考に記憶を辿って行くとようやく
ある事実を思い出した。これを踏まえて、この小説のあらすじを
書くとすればこうなります。
小説上の私は、大阪で働いている時に母を無くした。それもあっ
てか、故郷の札幌に戻り、新しい生活を始めた。それから2年の
月日が流れ、大阪時代に一緒に働いていた男性と再会する・・・
という感じでしょうか。
ちなみにその男性は今でも大阪で働いていますが、私と札幌で
も一緒に働いていたこともあり、再会という大袈裟な感じではな
く、彼が帰省した際にちょっと会ってみた・・・そんな軽い感じ
です。

振り返れば、こんなしっかりした話があったのに、覚えていない
とは・・・我ながら情けないです。
今一度、当時を思い出して、しっかりと読み返して行きますね。
T442
web拍手 by FC2

| | コメント (0)

[No.1002-2]スピログラフ

No.1002-2

「この円がね、別の円の中に・・・」
「あぁー!うまく説明できない!」

僕も何となくだが、思い出してきた。
ただ、彼女と同じように、手がかりがない。

「それ、あれだろ?」
「ほら、不規則に回転してさぁ」

彼女の顔が急に明るくなった。

「そう!それそれ!」
「確か、輪がギザギザになってたよな?」

整理するとこうだ。
大き目の輪の内側がギザギザになっている。
その内側に小さな円を回転させる。

「つまり、歯車みたいだったよね」
「そう!小さな円には穴がいくつも開いてあってさ」

そこに色とりどりのボールペンを刺す。
その状態で、小さな円を回転させると・・・。

「不規則な円の集合体・・・」
「万華鏡のような不思議な模様が描けたよね」

正しいかどうかは別にして、二人とも雰囲気は思い出している。
でも、肝心の名前が分からない。

「どうやって調べる?」
「そうね・・・そのまま調べようか?」

“回転させて模様を書く玩具”でググってみることにした。

「ん!?」

何やら、それらしいものがヒットした。

「・・・ローリングルーラー?」
「・・・スピログラフ?」

予想だにしない名前に、しばらく呆然とした。
1002 
(No.1002完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | コメント (0)

[No.1002-1]スピログラフ

No.1002-1

登場人物
男性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
「う~ん・・・思い出せない!」
「何がだよ?」

さっきからひとりで何かを思い出そうとしている。
今の時代、そんな時は・・・アレに頼れば良い。

「ググれば?」
「ググろうにも手がかりが・・・」

とにかく話を聞いてみることにした。

「なんだよそれ?」
「小さい頃ね・・・」

子供の頃に遊んだ、おもちゃだと言う。
おもちゃとは言っても、文房具に近いらしい。

「文房具?」
「何て言えばいいのかな・・・」

彼女があたりをキョロキョロし始めた。
どうやら例えるものを探しているみたいだった。

「ちょっと、待って・・・」

そう言うと新聞紙をはさみで切り始めた。
出来上がったのは丸い円だった。

「この円のどこかに、小さな穴を開けて・・・」
「そこに、鉛筆の先っぽを刺す」

次に、円の真ん中を指で押さえる。

「でね、このまま、円を回転させると・・・」

早い話、コンパスと同じ原理だ。
綺麗ではないが、円が描かれる。

「これを踏まえてぇ!!」
「おいおい、ヒートアップしてるぞ」

伝わらないもどかしさが言葉に溢れ出ている。

(No.1002-2へ続く)

| | コメント (0)

[No.1001-2]トンボの恩返し

No.1001-2

「でね、意外と大きかったのよね!これが」

秋によく見かけるアレよりも大きく感じた。

「そいつがさぁ、大きな目だまをクリクリさせちゃって」

私を見つめるかのように手の平にしがみついていた。

「あぁ・・・無理無理!」
「話だけでも、鳥肌もの!」

しばらくそのままで居ると、無事に大空に飛び立っていった。
もちろん、振り向きなどしない。

「気持ち悪いけどいい話ね!」
「あはは!」

別にちょっとしたヒーローを気取りたかったのではない。
私にとっては、ごく自然な行為だった。

「いつか恩返ししてくれるんじゃない?」
「トンボが?まさか!?」

動物なら多少期待も出来るが、さすがに昆虫は無理だ。
おとぎ話じゃあるまいし・・・。

「世の中、何が起こるか分からないわよ~」
「・・・というのは冗談で、ほんと暑いわね、今日も」

今日も昨日と同じ、雲ひとつない快晴だ。
それに暑さも厳しい。

「ほんと、嫌になっちゃうね!」
「全然、日陰もないし・・・」

私がそう言いながら、空を見上げた時だった。

「あれ、トンボじゃない?」

数匹のトンボが群れをなして、私の頭上を飛んでいる
まるで、日陰を作るかのように。
S1001
(No.1001完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | コメント (0)

[No.1001-1]トンボの恩返し

No.1001-1

登場人物
女性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
「ん?」

どこかで、カサカサと乾いた音が聞こえる。
聞き覚えのある音だ。

「もしかして・・・」

あたりをキョロキョロ見渡す。
数名の乗客も、私と同じようにキョロキョロしていた。

「毎度のことだけど尊敬しちゃうわ~」

昨日の電車内での出来事を話した。

「そうかしら?」
「私じゃなくてもトンボくらい触れるんじゃない?」

友人が“無理”という表情を無言で伝えてきた。
よほど、ダメらしい。

「まぁ、行為自体は褒めてあげたいけどね」
「同じ命には変わりないから」

昨日、車内にトンボが紛れ込んでいた。
逃げ出せず、もがいている音があの乾いた音の正体だった。

「私の他にも乗客がいたんだけど」

皆、トンボの存在には気付いたようだった。
でも、それ以上のアクションはなかった。

「まぁ、みんな女性だったし」
「それはあなたもでしょ!」

だから、私が何とかしようと考えた。

「都合よく、降車駅も近づいてきたので」

さりげなくトンボを捕まえて、そのまま下車した。

(No.1001-2へ続く)

| | コメント (0)

« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »