« [No.1000-1]ゴールor通過点? | トップページ | ホタル通信 No.439 »

[No.1000-2]ゴールor通過点?

No.1000-2

「感性も鈍ってきているようだし」

加えて環境が大きく変わったこともその原因だ。

「それでも感心するわ」
「だって、約12年でしょ!?」

ただ・・・今、本気で考えなければならないことがある。

「・・・それが引き際ね」
「そう、続けるか、止めるか・・・」

私にとっては大きな問題だ。
もちろん、止めてしまうことはいとも簡単だ。

「お店をたたむわけじゃないからね」

けど、止めた後、どうなるのだろう・・・。
そもそも、本当に止めることが出来るのだろうか?

「止めた後の姿が想像できない」
「そうよね、もはや体の一部じゃない?」

まさしくその通りだ。
私の日常は、ブログの小説にぶつけてきたと言っても良い。

「で、実際どうしようと思ってるの?」
「それは・・・」

少なからず、ファンというか、拍手をくれる人達がいる。
感謝しても感謝しきれないくらい貴重な存在だ。

「1000話目はゴール?」
「それとも通過点?」

小説の質の低下に悩む日々・・・。
けど、少なからず楽しみにしてくれている人達の存在・・・。

「う~ん・・・」

大いに悩む。
でも、答えは最初から決めていたのかもしれない。

「1000話目は・・・」

さて・・・しばらく休んだ後、1001話目を掲載することにしよう。
もう、完成していることだし。
S1000
(No.1000完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

|

« [No.1000-1]ゴールor通過点? | トップページ | ホタル通信 No.439 »

(040)小説No.976~1000」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« [No.1000-1]ゴールor通過点? | トップページ | ホタル通信 No.439 »