« ホタル通信 No.438 | トップページ | [No.999-2]前向きな靴 »

[No.999-1]前向きな靴

No.999-1

登場人物
男性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
「なによ、さっきからニヤニヤしちゃって」

おっと・・・顔に出やすいのは親譲りだった。
分かっていても直らない。

「そ、そうかな~」
「うそが下手なのも親譲り?」

どうやら裏の裏までお見通しのようだ。
確かに、うそをつくのも上手ではない。

「正直者って言って欲しいな」
「結果は同じでしょ」

ある出来事が僕をにやけさせる。
ただ、にやけさせる割には色気のある話ではない。

「で、なに?」
「そのにやけ顔の真相は?」

最近、彼女の家に泊まるようになった。
それで、あることに気付いた。

「靴だよ、靴」
「えっ!?靴がどうしたのよ?」

彼女は帰ってきた方向のままくつを脱ぐ。
つまり、つま先が家の中を向いている。

「やだぁー!」
「私が行儀悪く聞こえるじゃん」

実際、世間的には行儀が悪いとされるだろう。
ただ、それに関しては僕は強く言えない立場だ。

「まぁまぁ落ち着いて!」
「少なくとも僕もそうだから」

にやけた理由のひとつがこれだ。
何よりも彼女に親近感を覚えたからだ。

(No.999-2へ続く)

|

« ホタル通信 No.438 | トップページ | [No.999-2]前向きな靴 »

(040)小説No.976~1000」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ホタル通信 No.438 | トップページ | [No.999-2]前向きな靴 »