« [No.999-1]前向きな靴 | トップページ | [No.1000-1]ゴールor通過点? »

[No.999-2]前向きな靴

No.999-2

「あなたも?」
「ほら、見てみなよ」

玄関先を指差す。

「ほんとだ・・・こっち向いてる」

もちろん、調子よく彼女に合わせたわけじゃない。
普段通り、家に上がった。

「向き、直す?」
「いいや、そのままでいいよ」

プライベートの空間だ。
そんな所まで神経を尖らせる必要はない。

「あなたらしいね」
「自宅ぐらい、自由にさせろよ!ってこと」

公共の場で、それなりに振舞えればそれでいい。

「それにさぁ」

僕がにやけていた理由はもうひとつある。

「今はつま先がこっち向いてるだろ?」
「でも、朝になったら」

彼女の靴も僕の靴も、つま先が外を向いている。
もちろん、心霊現象ではない。

「ほら、出掛ける前に向きを変えてくれてるだろ?」
「多分、無意識に」

それも、ここに来るようになって気付いた。

「・・・そうなの?」
「全然、意識してなかった」

たかが靴の向きの話だ。
でも、向いている未来まで同じに感じる。
S999
(No.999完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

|

« [No.999-1]前向きな靴 | トップページ | [No.1000-1]ゴールor通過点? »

(040)小説No.976~1000」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« [No.999-1]前向きな靴 | トップページ | [No.1000-1]ゴールor通過点? »