« ホタル通信 No.440 | トップページ | [No.1001-1]トンボの恩返し »

ホタル通信 No.441

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

特別編(第三部)

さて、最後の第三部ではなぜ実話ベースの小説にしたかを書きた
いと思います。

これも何度か記事にしていますが、当初は明確なポリシーがなく
振り返るとSF的な要素が強い作品もあります。その内、幸か不幸
か身の回りで、色々と変わったことが起こり始め、決定打になった
のが“せいじゅうろう”、つまり“菜緒”の存在でした。
彼女は実在の人物で、正確には“奈央”と書きます。当初、小説の
登場人物に名前を付けていた時、“なお”と読む名前が多いのは
そのせいです。

早い話、日常を小説風に切り取れば、ネタに困らないように思え、
それならばその路線で行こうと決めました。
ですからポリシーは比較的早い段階で固まり、ナンバーで言えば
No.10を超えたあたりから実話ベースの話になりました。ただ、残念
ながら実話ベースでスタートしたものの、最近はその傾向が弱まり
つつあります。これが私が言っている“感性が鈍ってきた”であり、
このままブログを続けて行くべきかの判断基準でもあります。

話を戻すと、日常を切り取りながらも、奈央を応援する、奈央を存
在を知ってもらう・・・これも隠れたポリシーでした。
不器用な生き方をしているというより、小さい頃から色々な面で恵
まれない彼女でした。それを“せいじゅうろう”シリーズとして掲載を
続けてきました。余談ですが、当初は小説をシリーズ分けしようと
考えていましたが、蓋を開けてみると、シリ-ズ化したのはこれだ
けでした。雨女、雨男に関する小説も多く発表しているので、本来
ならシリーズ化が可能なんですが、なぜだかそれには至りません
でした。

最後に、あらためてここまでお付き合いをしていただいた読者の
皆様、本当に感謝いたします。特に拍手までしていただける方の
存在も今やブログを続ける原動力になっています。
さて、1001話目以降ですが、少しお休みをいただいてから変わら
ず続けていくことにしましたので、よければまたお越し下さいね。

作者 ホタル

web拍手 by FC2

|

« ホタル通信 No.440 | トップページ | [No.1001-1]トンボの恩返し »

(117)通信No.426~450」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ホタル通信 No.440 | トップページ | [No.1001-1]トンボの恩返し »