« [No.990-1]カルピス | トップページ | ホタル通信 No.434 »

[No.990-2]カルピス

No.990-2

「小さいころさぁ・・・」

彼が昔話をし始めた。
なるほど・・・そのことが色濃く影響しているのだろう。

「アイスってあのアイス?」
「そうだよ、カルピスを凍らせて」

最近、コンビニで見掛けないこともない。
ただ、それとはちょっと物が違うようだが。

「夏になるといつも冷凍庫に入ってたなぁ・・・」

その口ぶりからすれば誰かが作っていたのだろう。
その誰かは容易に想像できる。

「凍るとそれほど白くもなくて」
「“みぞれ”と雰囲気は同じ」

もしかしたら、それを分かって作っていたのかもしれない。
牛乳嫌いの子供のために。

「だから、唯一カルピスだけは大丈夫!」
「面倒な人ね・・・全く」

どこか嬉しそうに飲む彼の姿が印象的だった。

「お母さんに感謝だね」
「まぁ・・・そうことかな」

そう言うと、グイっと一気に飲み干した。

「どちらにせよ、飲むたびに思い出すよ・・・色々と」
S990 
(No.990完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

|

« [No.990-1]カルピス | トップページ | ホタル通信 No.434 »

(040)小説No.976~1000」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« [No.990-1]カルピス | トップページ | ホタル通信 No.434 »