« [No.989-2]あなたが遠くなりそうで | トップページ | [No.990-2]カルピス »

[No.990-1]カルピス

No.990-1

登場人物
女性=牽引役  男性=相手
-----------------------------
「あれ・・・それ大丈夫なの?」
「大丈夫だよ」

彼がカルピスを飲み始めた。
確か、乳製品は総じてダメだと聞いていたのに。

「・・・牛乳だめだよね?」
「もちろん!」

とにかく牛乳や牛乳が関係するものはダメらしい。
チーズはその最たる例だ。

「だから、それらを使った加工品もダメ」
「特にピザとかグラタンとか」

それについては何度か聞かされたことがある。
味以前に匂いがダメらしい。

「ヨーグルトは食べたことがないけど」
「見た目が白いからな」

ここまでくるとわがままとも言えるレベルだ。

「じゃぁ、豆乳は?」
「見た目はアウト、味はギリセーフかな」

そんな中でのカルピスだ。
奇妙としか言いようがない。

「逆に何で飲めるわけ?」
「それについては自分の中の七不思議かもな」

残る六つも聞いてみたいところだった。

(No.990-2へ続く)

|

« [No.989-2]あなたが遠くなりそうで | トップページ | [No.990-2]カルピス »

(040)小説No.976~1000」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« [No.989-2]あなたが遠くなりそうで | トップページ | [No.990-2]カルピス »