« [No.990-2]カルピス | トップページ | [No.991-1]まずは目の前の・・・ »

ホタル通信 No.434

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.587 私の名は竜王
実話度:★★☆☆☆(40%)
語り手:女性

小学生の時にこのような演劇が開催されたのは事実です。不
思議なことに今でもあの一言を覚えています。

ただ、小説の書いたセリフとは若干異なっており、実際は「私の
名は竜王じゃ」しかセリフがありませんでした。ですから、小説
では準主役級とは書いてありますが、どう考えても脇役です。
また、小説上の私(女子)がそれを演じていることになっていま
すが事実ではありません。実際は男子が演じていました。
作者は、その男子か小説上の友人、もしくは竜王の前でひれ
伏した初恋の男子って感じでしょうか?

竜王を事実の通り、男子設定で進めても良かったのでしょうが
「その人間は、私の初恋の相手だった」というオチを先に思いつ
いたのでしょうね、多分・・・そうなると女子設定の方が、それが
際立ちます。
そんな演劇でしたが、自分のパート以外は正直よく覚えていま
せん。そもそも竜王の立ち位置も、今となっては曖昧です。

小説としてはスラスラと筆が進んだ記憶があります。まぁ、思い
出を語る系の内容ですから、筆が進まないわけはありません。
もし、このホタル通信を読んで「もしかしてあの小学校?」とピン
とくる人がいるかもしれません。その時はお知らせ下さい(笑)
T434_20200703220401
web拍手 by FC2

|

« [No.990-2]カルピス | トップページ | [No.991-1]まずは目の前の・・・ »

(117)通信No.426~450」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« [No.990-2]カルピス | トップページ | [No.991-1]まずは目の前の・・・ »