« ホタル通信 No.436 | トップページ | [No.995-2]バナナの先っぽ »

[No.995-1]バナナの先っぽ

No.995-1

登場人物
女性=牽引役  男性=相手
-----------------------------
「いつも悪いわね」
「いいよ、休みの日くらい」

最近、週末は彼と過ごすようになった。

「料理が得意だって知らなかったよ」
「料理?そんな大袈裟なものじゃないよ」

ある時、彼が朝食を作ってくれた。
目玉焼きに、ウィンナー・・・そしてサラダ。

「味よ、味!」
「なんかひと工夫されてるって感じ」

単なる目玉焼きだって何かが違う。
ホテルで出てきそうな見た目と味だ。

「そう?」
「まぁ、ちょっとでも美味しく食べるための知恵さ」

そのひと手間がうれしい。
特に私のような根っからの大雑把な女には。

「あーお腹すいたな!」
「おいおい、寝坊しといてそれかよ?」

彼が笑いながらやさしく応えてくれる。
甘えている自分・・・以前の私ならこうはいかなかった。

「もうすぐ出来るからさ!」
「まてないぃー!」

思う存分、ワガママを言ってみる。
一番、幸せな時間だ。

「お待たせ!」
「わぁ、美味しそう!」

定番だけど、何度食べても飽きがこない。
まぁ、だからこそ定番なんだろうけど・・・。

(No.995-2へ続く)

|

« ホタル通信 No.436 | トップページ | [No.995-2]バナナの先っぽ »

(040)小説No.976~1000」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ホタル通信 No.436 | トップページ | [No.995-2]バナナの先っぽ »