« [No.994-2]幸せな時間 | トップページ | [No.995-1]バナナの先っぽ »

ホタル通信 No.436

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.561 痕跡
実話度:★★★☆☆(60%)
語り手:男性

う~ん・・・何というか、良く言えば自己満足感が満載のまさしく
冬のホタルの王道的作品です。

この小説、超短編の中でも更に短い小説ですね。こんな小説を 
書いていたとは・・・完全に忘れていました。
とは言え、実話度はそこそこ高めです。構成的には、前半が過
去の事実、後半がその回想になっています。小説上の彼女は
実在の人物です。
彼女との関係を一言で言えば、仲の良い友達のようなものでし
た。小説では健全な関係ではなかったと書いていますが、これ
はややオーバーに表現しています。ただ、彼女には彼氏が居た
ため、全く健全だったかと言われればそうではありません。

やましいことがなければ堂々と友達として付き合えば良いので
しょうが、彼女は彼氏のことを本気で好きだったわけではなく、
止むを得ない事情により、“好き”を演じていたと言えなくもあり
ません。
ですから、僕との関係が例え友達であったとしても波風が立た
ない保障はなかったわけです。こんなややこしい状況がこの小
説というわけです。
彼女も僕たちの関係を知られないように、タイトルにもなってい
る痕跡を常に消していました。

時は流れ・・・今はどこにもその痕跡は残っていません。唯一、
残っていた僕の心の中からも消え去っています。
ただ、時よりすれ違う人波の中に彼女のまぼろしを見ることが
あります。それが何を意味しているのか・・・。
S436
web拍手 by FC2

| |

« [No.994-2]幸せな時間 | トップページ | [No.995-1]バナナの先っぽ »

(117)通信No.426~450」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« [No.994-2]幸せな時間 | トップページ | [No.995-1]バナナの先っぽ »