« [No.995-2]バナナの先っぽ | トップページ | [No.996-2]コーヒーカップ »

[No.996-1]コーヒーカップ

No.996-1

登場人物
男性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
「ねぇ、トラウマになってることある?」
「なんだよ、唐突に・・・」

まぁ・・・無いと言えば嘘になる。
と言うか、ひとつある。

「私はね!」

聞いてないのに自ら話始めた。
やんわりと僕を追い詰めているのだろうか?

「・・・で、あなたは?」
「君の話で十分だろ?」

でも、これでプールや海に行きたがらない理由が分かった。
それなら、トラウマにもなるだろう。

「なに言ってんのよ」
「私の話は前座なの!」

いつの間にかハードルが上がっている。
そもそも、そんな感じでスタートしていないはずなのに。

「まぁ、その・・・」
「早く言っちゃいなさいよ!楽になるわよ」

まるでカウンセラー気取りだ。

「・・・コーヒーカップ」
「コーヒーカップ?」

そう・・・僕のトラウマはそれだ。
ただ、悔しいからちょっとからかってやろう。

「そう言えば、コーヒー飲めなかったよね?」
「あぁ」

飲めない理由は他にある。
だけど、だますなら今はこの方が都合がよい。

(No.996-2へ続く)

|

« [No.995-2]バナナの先っぽ | トップページ | [No.996-2]コーヒーカップ »

(040)小説No.976~1000」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« [No.995-2]バナナの先っぽ | トップページ | [No.996-2]コーヒーカップ »