« [No.992-1]今年のゴーヤ | トップページ | ホタル通信 No.435 »

[No.992-2]今年のゴーヤ

No.992-2

「で、どうやって食べるの?」
「そうね・・・今年お初だから」

定番中の定番で行こう。

「・・・と言うことは、アレね?」
「わざわざ、アレって言う必要ある?」

そもそも、レパートリーも少ない。
いや、正直、アレしか知らない。

「とにかく、作るわ!」
「出来たら呼んでね」

まぁ・・・招待した手前、我慢するとしよう。
まずは包丁をゴーヤに入れる。

「丁度いい感じ!」
「やっぱり、新鮮ね!」

収穫のタイミングもベストだったようだ。
失敗した経験がようやく生かされてきた。

「タイミングが遅れると黄色くなるのよ、知ってた?」

黄色いゴーヤは市場には出回らない。
育てている人にだけにわかる“あるある”だ。

「そうなの!?」
「そうなんだよ!」

台所とリビングのソフォーとの間で会話が飛び交う。
ゴーヤでこれだけ盛り上がれるのも珍しい。

「さぁ!気合入れて作るわよ!」
「あっ・・・イテテ!」

ゴーヤが少し赤く染まった。
S992
(No.992完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

|

« [No.992-1]今年のゴーヤ | トップページ | ホタル通信 No.435 »

(040)小説No.976~1000」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« [No.992-1]今年のゴーヤ | トップページ | ホタル通信 No.435 »