« [No.992-2]今年のゴーヤ | トップページ | [No.993-1]前世はカミナリ様 »

ホタル通信 No.435

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.581 リメンバー
実話度:★★☆☆☆(40%)
語り手:男性

小説の冒頭に「こんなシチュエーションを体験したことがある」と
書いてあります。これに関しても実話です。

それに小説として発表済みなんですが、さて、どの小説だった
のか・・・遠い記憶を頼りに探してみました。
結果、その小説は「No.417 待ち合わせ」だと判明しました。自分
で作っておきながら探すのに苦労しました。尚、No.417よりも
先にNo.581のホタル通信を発表することになりました(笑)

さて、本題のこの小説も比較的、実話に基づいて作っています。
ある人と待ち合わせをしていた時、偶然にも経験したことがある
シチュエーションになりました。
ただそれだけのことなんです。でも、待ち合わせ場所に行くため
に、別々に移動していた二人が、同じ電車に乗り合わせる・・・。
ありそうだけど、なかなかそんなシチュエーションは生まれま
せん。
それにとても不思議と言うか奇妙と言うか、本来なら待ち合わせ
場所で会う二人が、それ以前に電車で会ってしまう。こんな何気
ないことにこそ、冬のホタルの触覚は伸びていきます。

タイトルだけでは思い出せなかったのですが、読み返して見ると
すぐに思い出すことができました。
冬のホタルの中でも短い部類の自己満足の小説です。とは言え
これが本来の姿なんですよ。
T435
web拍手 by FC2

| |

« [No.992-2]今年のゴーヤ | トップページ | [No.993-1]前世はカミナリ様 »

(117)通信No.426~450」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« [No.992-2]今年のゴーヤ | トップページ | [No.993-1]前世はカミナリ様 »