« ホタル通信 No.434 | トップページ | [No.991-2]まずは目の前の・・・ »

[No.991-1]まずは目の前の・・・

No.991-1

登場人物
女性=牽引役  男性=相手
-----------------------------
誰もが通る道は言わない。
でも、少なくとも一度は考えたことはあるはずだ。

「俺か?」
「そうだな・・・」

入社5年目にして、会社を辞めたくなった。
理由はひとつじゃない。

「確か・・・3年目の時だったかな?」
「ご多忙にもれず」

3ヶ月、3年、30年・・・一般的によく言われる年数だ。
そのことを言ってるのであろう。

「理由は?」
「何だろう・・・よく覚えてないな」

あえて隠しているわけではなさそうだ。
私に気を遣って。

「ちょっと、一息つけたからかな?」
「ほら、3年も経つともう新人でもないし」

もちろん中堅とは言えない。
でも、都合よくそんな感じで扱われることも少なくない。

「色々見つめ直した時期だったのかもな」
「フッと、そんな気になることもある」

私の場合は・・・自分でもよく分からない。
別に会社が嫌いでもないし、嫌な事があったわけでもない。

「なんだろう・・・ただ漠然とと言うか・・・」
「そう言うものだよ、辞めたい時というのは」

そんな先輩の言葉が有難かった。
変なアドバイスを聞くより、私の心情を理解してくれている。

(No.991-2へ続く)

|

« ホタル通信 No.434 | トップページ | [No.991-2]まずは目の前の・・・ »

(040)小説No.976~1000」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ホタル通信 No.434 | トップページ | [No.991-2]まずは目の前の・・・ »