« ホタル通信 No.437 | トップページ | [No.997-2]兄弟ってそんなもの »

[No.997-1]兄弟ってそんなもの

No.997-1

登場人物
男性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
「なにこれ?」
「見ての通り、お墓だよ」

彼女が小さい頃に書いた絵を見ている。
絵と言っても、画用紙に殴り書きしている程度の絵だ。

「・・・これガイコツだよね?」
「そうみたいだな」

多分、幼稚園の時に書いたものだろう。

「墓場にガイコツ・・・か」
「子供にとっては鉄板ネタだろ?」

ある意味、そこが墓場だということが分かる。

「でもさぁ、子供って残酷よね」
「これ、お姉ちゃんの名前でしょ?」

絵に描かれた墓石らしきものを指差す。
そこに書かれている名前は、紛れもなく姉の名前だった。

「そうだよ」
「兄弟って、そんなもんだよ」

特別、姉が嫌いだったわけじゃない。
単なる悪ふざけのひとつに過ぎない。

「まぁ、当時は」
「悪ふざけとも思ってなかっただろうけど」

口悪く言れば、それが日常だった。
繰り返しになるが、兄弟ってそんなものだ。

「ふ~ん・・・そんなもんなんだ」

ひとりっ子の彼女には理解し難いのかもしれない。
兄弟の関係は。

(No.997-2へ続く)

|

« ホタル通信 No.437 | トップページ | [No.997-2]兄弟ってそんなもの »

(040)小説No.976~1000」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ホタル通信 No.437 | トップページ | [No.997-2]兄弟ってそんなもの »