« [No.987-1]何が変わったの? | トップページ | [No.988-1]30年後の未来 »

[No.987-2]何が変わったの?

No.987-2

「そうとは言えない?」
「だって、高校生までは毎日見てたんだから」

身長自体は中学生になってからそう変化はない。
悲しいけど・・・。

「なに、自虐的な話?」
「違うわよ・・・」

だから、単に身体的な理由ではない。

「よくある話じゃん」
「大人になったからでしょ?」

そう考えるのは一般的だ。
同じ目線、同じ視点で見てるのに、脳がそうとは言わない。

「・・・言わない?」
「面白い表現するわね」

まるで何かを認めたくないかのようだ。

「でも、そんな感じなんだよ」
「まぁ・・・分からなくもないけどね」

大人になったのではなく、逆に子供になった気分だ。

「実家に帰る理由って、そんなもんじゃん」
「子供の戻るというか、戻りたいというか・・・」

友人にしては的を得た発言だと思う。
確かに、今回だって・・・。

「そうね・・・そうかもしれない」
「で、こっちに戻ってきてどうなの?」

実家では、いつになくゆっくりできた。
何もかも忘れて・・・。

「いつもと変わらない風景よ」
「大きくもなく、小さくもなく」

ただ、今日に限っては友人が大きく見えた。
S987
(No.987完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| |

« [No.987-1]何が変わったの? | トップページ | [No.988-1]30年後の未来 »

(040)小説No.976~1000」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« [No.987-1]何が変わったの? | トップページ | [No.988-1]30年後の未来 »