« [No.984-2]金と銀 | トップページ | [No.985-1]風に揺られて »

ホタル通信 No.431

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.550 下流のごみ
実話度:★★☆☆☆(40%)
語り手:女性

この小説、少し変わった特徴があります。何だか分かります?
もちろん、内容だということには間違いないのですが・・・。

ゴミをテーマにすることは決して多くはないのですが、書き難く
はありません。どちらかと言えば書きやすいと思っています。
ゴミと言ってしまえばそれまでですが、ゴミになる前はまだ何ら
かの価値があったと思います。
そこに思い出や捨てられない何かを重ね合わせる・・・ない展開
ではありません。ですから、ゴミは私にとっては魅力的なテーマ
のひとつだと言っても言い過ぎではありません。

随分と前置きが長くなりましたが、冒頭に書いた変わった特徴
とは、こんな小説的にもかかわらず、比較的、拍手の数が多い
小説なんです。
自分では魅力のあるテーマだと思っていても、他人から見れば
ただのゴミの話です。それにもかかわらず拍手をいただけてい
るのは、何ともうれしい限りです。ラスト付近に、私の心情のよう
なものは書かれていますが、それ以外は状況説明が主です。
どこに共感いただけたのか、不思議なくらい・・・というより、申し
訳ないくらい、有難いことです。

実は今でも川を眺めるのは好きです。
川が好きというより、昔々の子供の頃、それこそ、やんちゃだっ
た時代を思い出させてくれるからです。
ただ、思い出しているのは自分のことだけでけではありません。
時代そのものを思い出しているんです。
T431
web拍手 by FC2

| |

« [No.984-2]金と銀 | トップページ | [No.985-1]風に揺られて »

(117)通信No.426~450」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« [No.984-2]金と銀 | トップページ | [No.985-1]風に揺られて »