« ホタル通信 No.433 | トップページ | [No.989-2]あなたが遠くなりそうで »

[No.989-1]あなたが遠くなりそうで

No989-1

登場人物
男性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
「ねぇねぇ、覚えてる?」
「またその話題かよ・・・」

とは言え、嬉しくないわけがない。
言わば僕の最初のモテ期だったからだ。

「嬉しいくせに」
「えっ!?バレてた?」

同窓会に来るといつもこの話題が出てくる。
クラス全員を巻き込んだ大騒動だったからだ。

「あの時は凄かったね!」
「あぁ・・・クラスが二分したもんな」

5年生の時、ある男子と学級委員長の座を奪い合った。
ただ、僕は選挙戦で言う“対抗馬”の存在だった。

「あいつは確かに人気はあったけど」
「同時にアンチも多かったのよ」
「そうなの!?」

いまさらながら初めて聞く話だ。

「知らなかった?」
「あぁ・・・」

もちろん圧倒的人気だったことは知っていたが。

「じゃあもうひとつ・・・知らない話をしていい?」
「・・・何だよ、こわいな」

結果的に僕は委員長になれた。
もちろん、大番狂わせだったのは言うまでもない。

「それよ、それ!」
「それ・・・って?もしかして大番狂わせのこと?」

彼女が大きくうなづいた。

「大番狂わせだったわけじゃないのよ」
「・・・どう言う意味?」

そもそも出馬した理由だって記憶が怪しい。
誰かに推選されたようなされないような・・・。

(No.989-2へ続く)

|

« ホタル通信 No.433 | トップページ | [No.989-2]あなたが遠くなりそうで »

(040)小説No.976~1000」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ホタル通信 No.433 | トップページ | [No.989-2]あなたが遠くなりそうで »