« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »

2020年5月

[No.983-1]あっちからこっちを

No.983-1

登場人物
男性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
「どう?」
「そうね、案外いいかも」

いつもの散歩コースを歩いている。
でも、今日はちょっとだけ趣向を凝らせてみた。

「だろ?」
「見える景色はそれほど変わってないのにね」

今日は道路を挟んで、反対側を歩いている。
するとあることに気付いた。

「あの店って、焼肉屋だったんだ」
「元・・・だろうけどね」

随分前に畳んだような店がある。
もちろん、人の気配もまるで感じられない。

「いつもの道だと、頭上の看板が見えないからね」

それが反対側だとよく見えた。

「すごい今更感がある」
「ここに越して来て、何年だっけ?」

指折り数えてみる。
分かってはいるけど。

「丁度、10年かな?」
「10年目の新発見!?」

ちょっと大袈裟だけど、言い過ぎでもない。
知っているようで知らないのが、身近な存在だ。

「ほら、他にも・・・」

気付けていないものがあるようだった。

(No.983-2へ続く)

| | コメント (0)

ホタル通信 No.430

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.530 さくらさく
実話度:★☆☆☆☆(20%)
語り手:女性

なるほど・・・ありがちなパターンの小説で、冬のホタルらしい独
特な世界観は微塵も感じられません。

ただ、実話度が示す通り、全くの創作ではなく、ある事実を誇張
したり、すり替えたりしています。彼・・・の存在はありましたが、
恋人だったわけではなく、単なる同僚でした。
そんな同僚だったわけですが、好意が全く無かったわけではあ
りません。もしかしたら・・・恋人に発展するかも?と言った道も
見えてはいました。

ですが、月日は流れ、彼が転勤することになりました。
その時の別れの様子を恋人同士にすり替えて、誇張しました。
正直に言えば恋人同士にも似た感情がなかったと言えば嘘に
なります。だからこそ、こんな小説が生まれたわけですから。
冒頭、冬のホタルらしからぬ・・・なんて書きましたが、登場人物
で考えれば、小説上の彼は、よく登場する人物です。
まぁ、作者の性別を明かしていませんから、その彼が作者の可
能性もあります。

桜を題材にした小説は比較的多いと思います。
別に桜を特別視しているわけではないのですが、桜の季節に
何らかの感情の起伏が生まれているということでしょうね。
それこそ、別れ、そして出会い・・・桜はそんな出来事をきっと
多く見守ってきたんでしょうね。
T430
web拍手 by FC2

| | コメント (0)

[No.982-2]うわ手な彼

No.982-2

「面白いよ」
「じゃ・・・聞くけど」

良いことを思いついた。
そこまで言うなら、意地悪く質問してみることにした。

「そう言えば、来月・・・」
「誕生日だろ?」

すかさず彼が答える。
まぁ・・・これはこれで嬉しいが。

「そ、そうなんだよね」
「何だよ・・・欲しいものでもあるのか?」

さっきまでは無かった。
でも、今は違う。

「新しいメイク道具、揃えようかな・・・」
「化粧品か?」

この際、何でも良い。
彼を試せれば。

「散々、そんな動画見てたら分かるよね?」
「まぁ・・・そうだな」

おそらく内容なんて覚えてない。
彼女が目当てなんだから。

「何にしようかなぁ~」
「アレもいいし、コレもいいし・・・」

もちろん、特別欲しいものはない。
でも、この際、ブランド品で攻めてみよう。

「シャ・・・」
「プチプラでいいよな?」
S982
(No.982完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | コメント (0)

[No.982-1]うわ手な彼

No.982-1

登場人物
女性=牽引役  男性=相手
-----------------------------
「なににやけてるのよ?」
「そう?」

彼がYou Tubeを見ている。
それ自体は何も問題はない、ただ・・・。

「ふ~ん、そんな子が好みなんだ?」
「そうじゃなくて、内容が・・・」

確かに検証企画もあったようだが、多くは女子向きだ。
コスメやらメイクが特に多い。

「何だよ、聞いてたのか?」
「聞くつもりはなくても聞こえるでしょ?」

内容よりもその子に興味があるのは一目瞭然だ。
何となく、元カノに似ているからだ。

「誰かに似てない?」

軽くジャブを打ってみる。

「そうかなぁ?」

反応を見る限り、演技ではなそうだ。
焦った雰囲気もない。

「そう・・・で、そんなに面白いわけ?」
「面白いというか・・・」

言葉が続かない。
やはり、彼女目当てなのは間違いないだろう。

「女子向きの内容じゃん!」
「それでも面白いわけ?」

やきもちではないが、何だか悔しい。
スッピンを見せるなんて元が可愛くなければ出来やしない。

(No.982-2へ続く)

| | コメント (0)

[No.981-2]見えない力

No.981-2

「ちょっと寄っていかない?」
「私もそう思ってた!」

何となくその店に立ち寄りたくなった。

「これ・・・」
「どうしたの?」

友人が早速何かを見つけたようだ。
雑貨屋だけに、ワクワクする品が所狭しと並んでいる。

「あっ・・・」
「でしょ!?」

私が持っているブリキのおもちゃが売られていた。
それは別の友人からプレゼントされたものだった。

「もしかして、ここで買ったのかな?」
「・・・かもしれない」

当時、色々と探し回ったと聞いていた。
レトロ好きの私のために。

「そう言えば、今どこにあるの?」
「それが・・・」

数年前に引っ越しした時に行方不明になった。
とは言え失くしたわけじゃない。

「荷をほどいていない箱がいくつかあって・・・」
「その中に?」

多分、そうだと思う。
荷ほどきするタイミングを逸して今日まできてしまった。

「カフェじゃなくて」
「どうやら、そっちだったようね」

行きつけのカフェは私たち3人の憩いの場所だった。
S981
(No.981完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | コメント (0)

[No.981-1]見えない力

No.981-1

登場人物
女性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
時として、不思議な出来事が起こる。
まるで何かに導かれたかのように・・・。

「えっ・・・臨時休業!?」

行きつけのカフェが閉まっていた。
年中無休のはずだったのに・・・。

「ついてないね・・・」
「そうね、わざわざここまで来たのに」

予期せぬ出来事だけにショックが大きい。
大袈裟だけど。

「・・・どうする?」
「そうね・・・それなら新規開拓してみない?」

ここに来る途中に新規オープンらしき店を見掛けた。

「・・・そうしようか」

かなり戻ることになるが仕方がない。
他に適当な店も見当たらないからだ。

「こっちの道の方が近道かも」
「うん、そうしよう!」

表通りではなく、裏通りを進む。

「へぇ~こんな通りがあったんだぁ」
「なかなか良い雰囲気ね」

この辺りは何度も訪れているが、裏通りは初めてだった。
ちょっとした隠れ家的雰囲気がここにはある。

「・・・見て!可愛い雑貨屋さんがあるよ!」

レトロ感が半端ない店がひっそりと店を構えていた。

(No.981-2へ続く)

| | コメント (0)

ホタル通信 No.429

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.536 すずめの涙
実話度:★☆☆☆☆(20%)
語り手:男性

この小説は、言わば願望を具現化したものと言えます。もちろん
すずめと彼女をオーバーラップさせながら。

実話度20%は、すずめに関する部分で、すずめとの一連のやり
取りは実際に起きた出来事です。その他のことは創作になります
ので、彼女は全く関わっていませんが、私にはそのすずめがどう
しても彼女と重なって見えてしまい、このような小説になったわけ
です。
ある意味、彼女も逃げる場所がなく、隅でジッとしているようなもの
でした。極端に言えば、生きることをあきらめていると言ってもいい
かもしれません。そんな彼女と出会い、色々・・・ありましたね。

最近、この手の小説はほとんど書いていません。本来これが冬の
ホタルの神髄のはずなんですが寂しい限りです、自分で言うのも
変ですが。
後半のラスト近くに「やっぱり連れて帰るべき・・・」という表現があ
りますが、これはすずめと彼女、両方のことを言っています。
だからと言って、彼女に帰る場所がなかったわけではないんです。
帰る場所はあったけど前述した通り、安住の地ではありませんで
した。

今でも時々、思い出すことがあります。
あのすずめはどうなったのか、と・・・。楽しい思い出より、苦しい
思い出の方が多いのですが、大空に飛び立っていればいいな。
T429
web拍手 by FC2

| | コメント (0)

[No.980-2]困りごと

No.980-2

「へぇ~凄いね!」
「でも、それの何が困りごとなの?」

簡単に言えば、切りの悪い数値が気持ち悪い。
だから、切りが良くなるように・・・。

「つまり・・・“続ける”ってこと?」
「そう!後何分、後何キロ・・・」

時間を切りよくすれば、距離やカロリーの切りが悪くなる。
なので、全体の切りをよくしようと・・・。

「なかなか、3つとも切りがよくならなくて」
「結果、なかなか終われない」

そんなの無視すれば何も困ることはない。
でも、それが出来ないのが生まれ持った性格というものだ。

「まぁ・・・困りごとと言えば困りごとだけど」
「そのお陰で、かなり成果が出てるじゃん!?」

それに関しては、予想以上の結果だと言える。

「止め時が見つけられないのも辛いものよ」
「私にとっては」

後少し、後チョット・・・の繰り返しで終われない。

「贅沢な困りごとよ」
「・・・と言うより、そもそも困りごととも言えないよ、それ」

確かに、そうかもしれない。
逆に、一歩間違えば嫌味になってしまう。

「そうそう!困りごとって言うのはね・・・」

友人がお腹の肉をつまんで見せた。
S980_20200520213501
(No.980完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | コメント (0)

[No.980-1]困りごと

No.980-1

登場人物
女性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
「・・・痩せたんじゃない?」
「そ、そうかな?」

言葉とは裏腹に、間違いなく痩せた。
もちろん、ダイエットを始めたからだ。

「うちにアレあったじゃん?」
「アレ?」

長い間、本来の目的を果たしていなかったアレが。

「ほら、ジムで見掛ける・・・」
「・・・あの自転車!?」

買ってからというもの、洗濯物を部屋干しするために使っていた。
ハンドル部分が何かと丁度良かった。

「夏に向けて・・・ね」

冬の不摂生を今のうちに挽回したい。
その一心で、ダイエットを始めた。

「私も始めてみようかな・・・」

ただ、ちょっと困ったことがある。
着実に体重が減っているのは良いのだが・・・。

「なによ、困りごとって?」
「順調なんでしょ?」

性格が災いしていると言えば良いのだろうか?
まぁ、悪いことではないのは確かだけれど。

「目標を立てて漕いでるんだよね」
「30分、15キロ、100キロカロリーって」

それをキチンと守った成果が今の私の姿だ。

(No.980-2へ続く)

| | コメント (0)

[No.979-2]あの空をこえて

No.979-2

「うん、帰ろう」

友人に助けられたようなものだ。
もし、先に言ってくれなければ、もう少しここに居たことだろう。

「よし!それなら、急ごう!」
「・・・どこに!?」
「あっ・・・」

急ぐ理由などなかった。
つい、7年前と同じセリフをしゃべってしまった。

「覚えてたんだ?」
「そ、そうみたい・・・」

覚えていたというより、脳が無意識に反応したようだった。
シチュエーションがそうさせたと思う。

「だったら付き合ってよ、私のセリフに」
「ごめんごめん!まさかの展開だったから・・・」

あの日も口火を開いたのは友人だった。
そして、帰りを急いだ。

「じゃぁ・・・もう一度言ってよ?」
「また言うの!?」

普通のセリフだけど、意識すると何だか照れ臭い。
“その先”の展開も分かっているからだ。

「いいじゃん!ねっ!」
「まぁ、そう言うなら・・・」

大袈裟だけど意を決して、もう一度、言うことにした。

「よし!それなら、急ごう!」
「うん、あの空をこえて!」

二人で消えゆく夕焼け空を追った。
ただ、体力の衰えは否めないけど。
S979
(No.979完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | コメント (0)

[No.979-1]あの空をこえて

No.979-1

登場人物
女性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
どちらからともなく、その場に座り込んだ。

「・・・ねぇ、なに考えてる?」
「別に・・・」

もし、自分が先に聞かれたとしてもそう答えただろう。
何も考えていないけど、こうしたかった。

「綺麗な夕焼けだね」
「明日は晴れだね」

会話と言うより、状況説明に近い。
そもそも、どうして私たちはここに座り込んだのだろうか?

「まだ、肌寒いね」
「そうね、もうすぐ5月なのに」

暖冬だったわりには、春の訪れが遅かったように感じる。
まだ、薄手のコートが手放せないでいるからだ。

「そう言えば、高校の時もこんなことなかった?」
「私もそう考えてた」

ドラマの影響もあったのかもしれない。
土手に座り込むのは、青春そのものだった。

「7年後にまたここに座り込むなんてね!」
「成長してないね、私たち」

そうは言ったものの、本当は逆の考えだ。
成長したからこそ、今までここに来ることがなった。

「ううん、成長したわよ」
「・・・だね」

春とは言え、まだ日が落ちるのは早い。
あっという間に、夕焼け空が消えようとしている。

「そろそろ帰ろうか?」

口火を開いたのは、友人の方だった。

(No.979-2へ続く)

| | コメント (0)

ホタル通信 No.428

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.558 壊れたおもちゃ
実話度:★★☆☆☆(40%)
語り手:女性

またまたセミの話ですね。ここまでくるとセミが好きなんだと認め
ざるを得ないかもしれません。

ただ、タイトルや内容からすれば、死にかけたセミを“壊れたおも
ちゃ”と表現するのは不謹慎かもしれません。でも、たかが昆虫
とは言え、そこに命を感じ、向き合っているからこそ、生まれた小
説です。
それこそ息も絶え絶えで、その姿はまるで壊れたおもちゃの何物
でもありません。ですが、壊れたおもちゃのまま終わらせず最後
は電池切れ・・・で終わらせることにしました。
やさしさ?いいえ・・・どちらかと言えばやや残虐性ある表現に近
いと思っています。

それにしてもどうしてセミに心動かされるのでしょうか?他にも昆
虫はいっぱいいるのに・・・もしかしたら、元気な姿と死に行く姿の
ギャップが大きいからかもしれません。
まぁ、単純によく見掛けるだけかもしれませんけどね。カブトムシ
やクワガタが死んでいる姿を見掛けますか?他の昆虫はどうで
しょうか?ゼロではないものの見掛けることは殆どありません。

そう考えると彼らはとても身近な存在なんですよね。いつの間に
か私はその存在を認めてしまっているのかもしれません。電池
交換が出来ない彼らのことを。
T428
web拍手 by FC2

| | コメント (0)

[No.978-2]麩菓子

No.978-2

「昔はこんなパターンが多かったかもしれないね」

他にも同じシステムを採用していた駄菓子があった。

「それはそうと、先を聞かせてよ」

ハズレがあるということは、当然アタリもある。
ただ、そのアタリに夢があった。

「早く聞かせなさいよ」
「アタリは確か・・・3等からあったかな」

アタリに応じて、数ではなく、大きさが変わった。
1等ともなると、相当の大きさだった。

「えぇーどれくらい!?」
「太さは・・・これくらいかな?」

自分の手首を指さす。

「でかっ!」
「・・・と思うだろ?」

実はその上があった。
1等と言えども足元にも及ばない大きさだった。

「その上・・・?」
「あぁ、“特賞”ってやつがね」

手を開いて見せる。

「まさか、手のひらサイズなの!?」
「そっ!」

何かに例えられないのが悔しい。
想像以上に重厚感があった、見た目も手伝って。

「うらやましいぃ!」

ただ、見た記憶はあっても食べた記憶はない。
それがちょっと残念だが・・・。
S978
(No.978完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | コメント (0)

« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »