« [No.974-2]After Tone | トップページ | [No.975-1]話したいこと »

ホタル通信 No.426

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.508 男女の違い
実話度:★☆☆☆☆(20%)
語り手:男性

今では珍しいタイプの小説かもしれませんね。冒頭に結論を持
ってきて、それに追いつくように物語が進んで行きます。

実話度は低めですが、実際に似たようなシチュエーションがあ
りました。小説では恋人同士の設定ですが、本当は単なる同僚
です。同僚のまま話を進めても良かったのですが、冒頭と言い
ますか、ラストを際立たせたかったため、恋人同士にしたような
記憶があります。
単なる同僚には違いないのですが、恋心が全くなかったと言え
ば嘘になります。だからこそ、こんな感じの小説になったのでし
ょうね。

ただ、小説のポイントである冒頭(ラストも同じ)で何を言いたか
ったのか、何を伝えたかったのかは記憶が曖昧です。
強い女性、決意、旅立ち、そして別れ・・・色々なキーワードが思
い浮かびますが、どうもしっくりきません。
当時、何を想いこの小説を書いたのでしょうか・・・自分で自分に
問うています。

時々こんなムーディな小説を書くことがあります。自分の中では
騒がしい場所ほど孤独を感じます。まるで、そこだけ時間が止ま
ったような感じです。
とても小さな物語がそこで繰り広げられそして泡のように消えて
て行く・・・今日もどこかで。
T426
web拍手 by FC2

| |

« [No.974-2]After Tone | トップページ | [No.975-1]話したいこと »

(117)通信No.426~450」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« [No.974-2]After Tone | トップページ | [No.975-1]話したいこと »