« [No.976-2]時々、女子に | トップページ | [No.977-1]あの木 »

ホタル通信 No.427

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

特別編

このタイミングで何が“特別”かと申しますと・・・トップ画面の左側
のカテゴリに「(040)小説No.976~1000」を追加し、No.976の掲載
を終えました。つまり、そろそろ、No.1000が現実のものとなってき
ました。

何度か話していますが、最初からNo.1000目指して小説を書き始
めたわけではありません。
幸いなことに書き始めた当初は、書きたいことが山のようにあり、
それに質も評価を気にせず、自己満足の世界を貫いておかげで
No.800くらいまでは怒涛のごとく駆け抜けた感があります。
ところが、それを過ぎたころからやや陰りが見え始め、No.900に
達する頃には、それが顕著に出ていました。それから、今までは
日々、崖っぷちの状態でした。

作風も大きく変わり、意味不明な独特の世界観もすっかり陰を潜
めており、続ける原動力となっていたものは今はもうありません。
でも、こんな小説でも応援してくださる方が居て今でも多くの拍手
をいただいています。
決して、評価されるために続けているわけではありませんが、拍
手が背中を押してくれているのは間違いありません。

さて、No.1000に向けてどうしようか・・・考えています。
もちろん、ここまで来たら、是が非でも辿り着きたいと思っていま
すが、その先をどうするか、結論は出ていません。
消極的ですが、止めるならこれ以上ないベストなタイミングです。
でも、止めたらどうなるのか・・・その先を想像できません。

順当に行けば、夏真っ盛りか、終わりごろには、No.1000に達する
と思います。その時にまたホタル通信でお逢いしましょう!
T427
web拍手 by FC2

| |

« [No.976-2]時々、女子に | トップページ | [No.977-1]あの木 »

(117)通信No.426~450」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« [No.976-2]時々、女子に | トップページ | [No.977-1]あの木 »