« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »

2020年4月

[No.978-1]麩菓子

No.978-1

登場人物
男性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
「食べる?」
「おっ!懐かしいな」

その存在自体、忘れていたお菓子だ。
小さいころに食べた記憶しかない。

「懐かしい?」
「俺にとってはね」

駄菓子屋の定番のお菓子だ。
当時は、一本一本、バラ売りされていた。

「そうなんだ?」

今では、個装されているものもあるようだ。
まぁ、あれから・・・年も経っているから、当然と言えば当然だ。

「知ってる?」
「何を?」

バラ売りされてはいたが、普通には売ってはいない。
大袈裟に言えば。

「これさぁ、くじ引きで買うんだよ」
「ん?どういうこと?」

子供にとっては夢のあるシステムだった。
今でもこのシステムは残っているのだろうか?

「このサイズは・・・ハズレなんだよ」
「もぉ!意味わかんない!」

当時は・・・円だっただろうか、まず、それでくじを引く。
ハズレなら、このサイズをもらえる。

「普通に買うんじゃなくて?」
「そうだよ」
「・・・ということは」

そう・・・ハズレじゃない場合がこれまた凄かった。

(No.978-2へ続く)

| | コメント (0)

[No.977-2]あの木

No.977-2

「なんで今頃?」
「そうなんだよな・・・」

実在はしていたけど、大昔の木が夢に出てくる。
そこに何の想い出も思い入れもないのに。

「だから逆に気になっちゃって・・・それで」

何か不思議な力に導かれるかようにアルバムを探した。
その木を見つけなきゃならない衝動に駆られたと言っても良い。

「で、あったの?」
「うん、一枚だけ」

おそらく中学校に入学した時に写したものだろう。
着こなせていない学生服と幼い自分の顔がそれを物語っている。

「そんな時じゃなきゃ、写真撮らないもんね」

丁度、その木と並ぶような感じで撮られていた。

「でね、ここからが本題なんだけど・・・」
「えっ!?木の話じゃないの?」

実は気になったのは木のことじゃない、洒落じゃないけど。

「さっき、“衝動に駆られた”って言ったろ?」
「うん」

その木の写真を見つけた時に何らかの答えがあると思った。

「どういう意味!?」

写真を見つけたページには他にも写真が収められていた。

「だよね、アルバムだもん」
「えっ!?そこにどんな写真が・・・」
S977 
(No.977完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | コメント (0)

[No.977-1]あの木

No.977-1

登場人物
男性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
「珍しいね・・・」
「夢の話をするなんて」

自分でもそう思っている。
夢なんて支離滅裂な展開ばかりで人に聞かせる話ではない。

「そうなんだよな」
「でも、妙に記憶に残ってて・・・」

もちろん今回も支離滅裂の展開だ。
だから、夢自体を説明する気はない。

「夢の中でね、とある木が出てきて・・・」
「昔、実家に植えられていた木なんだよね」

昔・・・と言うくらいだから、今はもうない。
家の建て替えをした時に、切ってしまったと記憶している。

「何の木?」
「それが・・・何の木だったかは知らない」

親に聞いたこともなければ、これとった特徴もない。
物心付いたころには、もう植えられていたからだ。

「だから夢の中に出てきてビックリしちゃって」
「夢に出てくるまで、その存在を完全に忘れてたからね」

それこそ・・・ぶりに思い出した。
夢がなければ一生思い出すこともなかっただろう。

「想い出の木・・・とか?」
「いいや、空気みたいな存在」

色々な意味で特別な木ではない。
ある意味、僕にとっては雑草と、さほど変わりはない。

(No.977-2へ続く)

| | コメント (0)

ホタル通信 No.427

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

特別編

このタイミングで何が“特別”かと申しますと・・・トップ画面の左側
のカテゴリに「(040)小説No.976~1000」を追加し、No.976の掲載
を終えました。つまり、そろそろ、No.1000が現実のものとなってき
ました。

何度か話していますが、最初からNo.1000目指して小説を書き始
めたわけではありません。
幸いなことに書き始めた当初は、書きたいことが山のようにあり、
それに質も評価を気にせず、自己満足の世界を貫いておかげで
No.800くらいまでは怒涛のごとく駆け抜けた感があります。
ところが、それを過ぎたころからやや陰りが見え始め、No.900に
達する頃には、それが顕著に出ていました。それから、今までは
日々、崖っぷちの状態でした。

作風も大きく変わり、意味不明な独特の世界観もすっかり陰を潜
めており、続ける原動力となっていたものは今はもうありません。
でも、こんな小説でも応援してくださる方が居て今でも多くの拍手
をいただいています。
決して、評価されるために続けているわけではありませんが、拍
手が背中を押してくれているのは間違いありません。

さて、No.1000に向けてどうしようか・・・考えています。
もちろん、ここまで来たら、是が非でも辿り着きたいと思っていま
すが、その先をどうするか、結論は出ていません。
消極的ですが、止めるならこれ以上ないベストなタイミングです。
でも、止めたらどうなるのか・・・その先を想像できません。

順当に行けば、夏真っ盛りか、終わりごろには、No.1000に達する
と思います。その時にまたホタル通信でお逢いしましょう!
T427
web拍手 by FC2

| | コメント (0)

[No.976-2]時々、女子に

No.976-2

「いつもはどこに置いてるの?」
「普段は・・・この辺りなんだけど」

探し物は探している時には見つからない。
けど、見つかる時は速攻で見つかる場合もある。

「・・・あっ」
「もう見つけたの!?」

見つけたもなにも、“この辺り”に置いてあった。

「これだろ?」
「そう!それそれ!」

“どこで見つけたの?”顔をしている。

「ここに置いてあったぞ」
「えぇー!?ほんと?」

驚きぶりからすれば、本当に気付かなかったらしい。
一瞬、何らかの理由で試されているかと考えていたからだ。

「そうか・・・デコったんだった!」

よく見るとヘッドホンにキラキラ光るパーツが貼られている。
最初から貼られていたものではないのは明白だ。

「デコったの忘れてた」
「だから思い込みがあったみたい・・・それは違うって」

とにかく、あって良かった。
なきゃないで後が大変だ。

「どう?おしゃれでしょ?」
「そ、そうだね」

そんな彼女は時々、女子になる。
S976
(No.976完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | コメント (0)

[No.976-1]時々、女子に

No.976-1

登場人物
男性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
「あれ・・・どこいったかな?」

さっきから何かを探しているようだった。
でも、声を掛けられていないのでとりあえずスルーしている。

「おかしいな・・・」
「ねぇ・・・聞こえてる?」

予想通りだ。
そろそろ矛先が僕に向くころだと思った。

「探しものか?」
「見れば分かるでしょ!?」

つい反論したくなる。
でも、今はやめておこう。

「そうだね、で、何を?」
「これよ、これ!」

音楽プレーヤーを目の前に差し出してきた。
どうやら“相棒”を探しているようだ。

「ヘッドホン?」
「そう!」

彼女と付き合うにはこれくらいは最低必要だ。

「一緒に探してあげるよ」

“探してあげようか?”ではないこともポイントだ。
口を滑らせるとどんな結末が待っているやら・・・。

「そう・・・そう言うなら」

彼女の気の強さは僕にとっては心地よく感じる。

(No.976-2へ続く)

| | コメント (0)

[No.975-2]話したいこと

No.975-2

「教材?」
「うん、後で知ったんだけど・・・」

いわゆるセールスマンから買ったらしい。
今の時代、死語に近い売り方かもしれないが・・・。

「一冊、二冊・・・とかそんなレベルじゃなくて」

相当な量だったことを覚えている。
金額こそ聞かなかったが、安い買い物ではないことくらい分かる。

「やっぱり、心配だったんじゃない?」
「そうだとは思うんだけど・・・」

でも、正直に言えばそれにはほとんど手を付けなかった。
最初こそ興味をそそられたが、三日坊主もいいところだった。

「それじゃ・・・」
「でも、受験は上手くいった」

自分に見合った学校を選んだこともあって・・・。

「じゃその本は?」
「さりげなく捨てたんだ」

中身を見られる前に紐で縛って、古新聞と共に回収に出した。
その時はすごい罪悪感に襲われた。

「結果オーライとは言え・・・」
「それに母親が勝手に買ったとは言え・・・」

結局、それについて母親に詫びる機会を失った。

「そんな僕なんかのために大枚をはたいてさぁ・・・」
「別に今からでも遅くないんじゃない?」
「・・・だ、だよな!」

今度、実家に帰ったら話してみようと思う。
やさしく微笑む遺影の前で。
S975
(No.975完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | コメント (0)

[No.975-1]話したいこと

No.975-1

登場人物
男性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
「普通・・・ね」
「だから言ったろ!?」

中学生の頃の通知表を見ている。
そこには至って“普通”の数字が並んでいる。

「得意な科目は?」
「みれば分かるだろ!?」

オール3だから得意も不得意もない。

「ひとつくらい5とかあってもいいのにね」
「嫌味か、それ?」

けど、それはそれで一理ある。
勉強は出来なくても体育や美術は優れているとか・・・。

「学習塾とかは?」
「ううん、行ったことない」

理由は色々あったと思う。
そもそも僕が勉強に興味を持っていなかったことが大きい。

「別に嫌いだったわけじゃないぞ!」
「それなりに勉強はしてた・・・けどな」

さすがに学校の授業だけではついていけない部分もある。
それは理解していた。

「でも、それ以上どうかしたいとか欲もなくて」

それを親は分かっていたと思う。
都合よく言えば子供の意志を尊重してくれていた。

「それでも受験時期になるとさすがにね」
「行ったの?」

そんなある日、母が僕のために学習教材を用意してくれた。

(No.975-2へ続く)

| | コメント (0)

ホタル通信 No.426

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.508 男女の違い
実話度:★☆☆☆☆(20%)
語り手:男性

今では珍しいタイプの小説かもしれませんね。冒頭に結論を持
ってきて、それに追いつくように物語が進んで行きます。

実話度は低めですが、実際に似たようなシチュエーションがあ
りました。小説では恋人同士の設定ですが、本当は単なる同僚
です。同僚のまま話を進めても良かったのですが、冒頭と言い
ますか、ラストを際立たせたかったため、恋人同士にしたような
記憶があります。
単なる同僚には違いないのですが、恋心が全くなかったと言え
ば嘘になります。だからこそ、こんな感じの小説になったのでし
ょうね。

ただ、小説のポイントである冒頭(ラストも同じ)で何を言いたか
ったのか、何を伝えたかったのかは記憶が曖昧です。
強い女性、決意、旅立ち、そして別れ・・・色々なキーワードが思
い浮かびますが、どうもしっくりきません。
当時、何を想いこの小説を書いたのでしょうか・・・自分で自分に
問うています。

時々こんなムーディな小説を書くことがあります。自分の中では
騒がしい場所ほど孤独を感じます。まるで、そこだけ時間が止ま
ったような感じです。
とても小さな物語がそこで繰り広げられそして泡のように消えて
て行く・・・今日もどこかで。
T426
web拍手 by FC2

| | コメント (0)

[No.974-2]After Tone

No.974-2

「ったく・・・」
「大事に扱ってよ」

しばらくすると懐かしい曲が流れてきた。
数えきれないくらい聞いた曲だ。

「どう?」
「どう・・・って・・・」

当時、私にとっては歌詞が大人過ぎた。
そのアーティスト自体、素敵な大人の女性だったからだ。

「今なら少しは理解できる・・・かな」
「へぇ~そうなんだ?」

付き合っていた彼と別れた。
フラれたのではなく私からフッた形になった。

「なのに、私の方が引きずったままで」
「そんな時、このCDに出会ったの」

彼はすぐに新しい彼女をみつけた。
それが私に追い打ちをかけた。

「そう言えばそうだったわね・・・」
「で、今はどうなの?」

今はもう未練はない。
その証拠に、そのCDがあることさえ忘れていた。

「もう私には必要ないよ」
「そう、それを聞いて安心したよ」

今までの行為は友人なりの心配の仕方だと解釈しておこう。
あえてそのCDの話題を振ってくれたということで。

「何ならあげるよ、そのCD」
「ううん、いらない・・・持ってるから」
S974
(No.974完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | コメント (0)

[No.974-1]After Tone

No.974-1

登場人物
女性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
「・・・ん?」
「どうしたの?」

友人が何か見つけたようだ。
とは言っても今はそんな場合じゃない、本当は。

「このCD懐かしいね!」
「ちょ、ちょっと・・・」

さっきから手伝ってるのか邪魔してるのか分からない。
何かにつけ手が止まる。

「まだ持ってたんだ?」
「別にいいでしょ!?」

高校生の時に買ったCDだ。
でも、その頃に発売されたものではない。

「やっぱり忘れられないんだぁ?」
「何によ、その“だぁ”って!?」

言い方が引っ掛かる。
少なくとも心配されているようには聞こえない。

「まぁ、そんなに突っかからないでよ」

そう仕掛けているのは友人の方だ・・・と言いたい。

「ねぇ・・・久しぶりに聞いてみない?」
「今!?」

繰り返すが今はそんな場合じゃない。
引っ越しがもう明日に迫っているからだ。

「パソコンは最後にしまうんでしょ?」
「まぁ、そうだけど・・・あなた・・・」

全てを答え終わる前にすでにパソコンの前に座っていた。
間髪入れずに“カチャリ”とトレーが開く音が聞こえた。

(No.974-2へ続く)

| | コメント (0)

[No.973-2]ここにも春が

No.973-2

それにしても桜のピンクと空の青さがマッチしている。
やはり、桜はこうやって見上げるにかぎり限る。

「ほら、あれなんて!」

他の枝よりも、ピンク色が濃い花が咲いている。
そうなるともちろん・・・。

「“映え”だね!」

スマホを構え、チャンスを伺う。
風に揺られて、なかなかシャッターが切れない。

「もぉ・・・」

今日はやや風が強い。

「仕方ない・・・ちょっと待つかな」

急いでいるわけでもない。
待てばいいだけの話だ。

「そうそう!あなたも撮ったら?」

桜を見上げるのに夢中で、すっかり友人のことを忘れていた。
その時、風が止んだ。

「チャーンス!」

まさしく奇跡の一枚が撮れた。

「あなたも撮れた?」
「撮れたわよ」
S973
(No.973完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | コメント (0)

[No.973-1]ここにも春が

No.973-1

登場人物
女性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
「ようやくだね」
「そうだね」

多くの桜で開花が始まった。
殺風景だった枝もようやく色付き始めた。

「やっぱりこれがないとね!」

やはり桜が咲かないと春が来た気がしない。
この感情は決して私だけじゃないと思う。

「ねっ!そうでしょ!」

それにしても、この桜の木は樹齢何年だろうか・・・。
他の桜の木と比べても貫禄があり過ぎる。

「ほんと立派な桜だねぇ」
「まるで“主”って感じね」

それこそ神が宿る木・・・そんな風にも見えなくもない。

「ねぇ、ねぇ、どう思う?」

友人に同意を求める。
ゲーム好きの彼女なら、こう答えるだろう。

「村にある“伝説の木”みたいでしょ?」

言わば村の長老と似たような立場にある。

「この木は何でも知っている・・・なんてね!」

私も随分と友人に毒されたものだ。
すっかり、ゲームの世界観を理解している。

(No.973-2へ続く)

| | コメント (0)

ホタル通信 No.425

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.470 また次の夏も
実話度:★★☆☆☆(40%)
語り手:女性

タイトルを見て自分が想像していた内容と違うことに驚きました。
時々こんなことがあります。

さて、冬のホタルでは命がテーマになっている小説が少なくあり
ません。人はもちろん、人知れず消えていく、虫たちにそれが向
けられていることもあります。
特に夏の風物詩であるセミは何度となく登場しています。あえて
“奴ら”と呼びますが、奴らと出会うのは決まって、その命が消え
ようとしている時です。
でも、そうですよね?元気な奴らを捕まえるにはこちらも本気を
出せないといけません。ですから、必然的にそうなってしまうわ
けです。

今回のようにベランダやエレベーターホールで出会うことが多い
ですね。異質な場所に居る・・・というか迷い込んだというべきか、
とにかく、気付きやすい場所に居ます。
別に虫が好きでもなく、もちろん特別な感情などこれっぽっちも
持ち合わせてはいません。でも、あれだけ騒がしかった奴らの
弱々しい姿を目にすると、さすがの私も、無視するわけには行か
なくなります。
別に善人ぶってるわけでもなく、ましてや仏の心を持ち合わせて
いるわけでもありません。ただ何となく、心に響くものがあります。

小説ではベランダの植物の茎に・・・としていますが、実際は地上
の木に引っ掛けました。小説に書いたように脚の構造上、かろう
じてそうすることができました。
ラスト付近のカラオケのくだりは全て創造です。これについては
当ブログの主旨である、“悲しい終わりはない”に準じたものです。

もう少し先になりますが、また今年も始まりますね。頼むから私
の前にはもう現れないでくださいね・・・でもそれはそれで寂しい
かもしれません。
T425
web拍手 by FC2

| | コメント (0)

[No.972-2]嫌いな理由

No.972-2

「そうなの!?」
「こんなに美味しいのに!」

そう言うと、もう一口、パクついた。

「これ系はダメなわけ?」
「ううん、それだけ嫌い」

好き嫌いが分かれるであろう、春菊だって食べられる。
それが嫌いな理由が味ではないからだ。

「今の季節、一番美味しいじゃん!」
「だから余計に嫌いなの!」

就職のため、地元を離れた。
それからというもの、”野生”のそれを見かけたことがない。

「野生?」
「まぁ・・・広い意味では野菜は全部"野生”なんだろうけど」

つまりこういうことだ。
私にとってそれは、道端に勝手に生えている雑草に近い存在だ。

「実家のすぐそばの土手に・・・」

それこそ食べきれないほど生えている。

「・・・そうなんだ」
「そう!分かってくれた?」

正確に言えば嫌いなのではなく、食が進まない。
どうしても雑草を食べているようにしか・・・。

「知らなかった・・・」

美味しそうに食べる友人には悪いがそういうことだ。

「・・・そんなに生えてるなんて」

友人の瞳の奥が輝いて見えるのは気のせいだろうか?
S972
(No.972完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | コメント (0)

[No.972-1]嫌いな理由

No.972-1

登場人物
女性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
どうしても違和感を感じずにはいられない。

「何よ・・・」
「私の顔になんか付いてる?」

友人がベタな反応をしてきた。
まぁ、そうさせているのは私のせいだが・・・。

「ごめん、ごめん!」
「美味しそうに食べるんだなぁ~と思って」

実際、なんでも美味しそうに食べる。

「そうかしら?」
「褒めたってあげないわよ」

普段なら、食い付くところだ。
でも、今は"あげる”と言われてもお断りだ。

「いらないわよ」
「へぇ~、珍しいじゃん」

友人の影響で私まで食いしん坊のレッテルが貼られている。

「べつに珍しくないわよ」
「まぁまぁ・・・そう言わずに」

逆にそれを勧めてきた。
そこがなんとも憎らしい。

「い、いらないわよ、マジで!」
「・・・嫌いだっけ?」

ようやく話が収束しそうだ。

「そう!嫌いなの!」

でも、嫌いな理由は味ではない。

(No.972-2へ続く)

| | コメント (0)

[No.971-2]飛べない鳥

No.971-2

「怖がらせたらあかんよ」
「ごめん、ごめん」

そうこうしている内に、その鳥が動き始めた。
やはり、怪我をしているらしい・・・歩き方が変だ。

「なんだか、びっこひいてない?」
「せやね」

歩いていると言うより、ピョコンと飛び跳ねている感じだ。
それも片足だけで・・・。

「・・・どうする?」
「う~ん」

このままだと、大型の鳥や猫に狙われるだろう。
もちろん、心無い人間にも。

「とりあえず、捕まえてみようか?」

これで捕まってしまうようなら、保護が必要だろう。
幸いにも、近くに動物病院がある。

「うん!分かった」
「じゃ、そぉ~と・・・」

と、更に近づいて手を伸ばした瞬間・・・。

「あっ!」
「あっ・・・」

大空高く飛んでいってしまった。

「何だよ!元気じゃん!」
「心配して損したよ、なぁ?」

彼女に同意を求める。
でも、空を見つめたまま返事がない。

「・・・」
「大丈夫だよ、きっと!」

目の前の彼女がそうであったのと同じように。
S971
(No.971完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | コメント (0)

[No.971-1]飛べない鳥

No.971-1

登場人物
男性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
「あれ?」

彼女が急に視界から消えた。
けど、すぐさま足元でしゃがみこんでいるだけと分かった。

「どうしたの!?急に・・・」
「そんな大きな声、出さんといて」
「ご、ごめん・・・」

意味も分からず、とりあえず謝ってしまった。
僕が何かしたとでも言うのだろうか・・・。

「それより、見てん・・・」

そう言うと、目線の先を指差す。

「・・・あっ」
「せやろ?」

一羽の鳥が地面で休んでいる。
休んでいる・・・と言う表現が正しいかどうかは別にして。

「よく分かったな!?」
「目は良いほうやねん!」

雑草に紛れるような感じで休んでいる。
さすがに鳥の種類までは分からない。

「何してるんだろうね」

野生を相手にしているわりには距離が近い。
2、3歩あるけば手が届きそうな距離だ。

「怪我・・・してるんやろか?」
「かもしれないな」

発見してから、数分は経過しているはずだ。
それでも一向に逃げる気配がない。

「もうちょっと近づいてみようか」

気持ち前に一歩踏み出す。
さすがに、こちらが気になるようだ。
地面をついばむのをやめ、こちらを凝視している。

(No.971-2へ続く)

| | コメント (0)

« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »