« [No.964-2]マーボー豆腐 | トップページ | [No.965-1]女優顔 »

ホタル通信 No.421

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.482 次の恋
実話度:★★★★☆(80%)
語り手:男性

実話度が示す通り、概ね事実です。事実と大きく異なっている
のは彼女を呼び付けた方法です。

小説ではメールにしていますが、実際は手紙です。
当時、メールが一般的ではなかった時代でしたから、連絡手段
と言えば電話か手紙でした。ですから、彼女が来るか来ないか
は“賭け”のようなものでした。
話はそれますが、そう考えると昔は、待ち合わせするということ
は、かなり重みのある行為だったのかもしれませんね。簡単に
相手に連絡を取ることができませんから、お互い是が非でも待
ち合わせ場所に行かなくてはなりません。

冒頭書いた通り、ほぼ実話ですから、会話もほぼ再現できてい
ます。ただ、ラストの4行だけは創作しています。つまり、こんな
会話はなかったわけです。
この部分は願望と言えば願望なのですが、絵空事というわけで
もなく「言いかけて言えなかったセリフ」と表現できます。

さて、この小説のその後を書くとすれば、彼女とはこれっきりと
なり、会うこともなく、もちろん連絡もとっていません。
もし、あの時、勇気を出して、そのセリフを口にしていたら・・・と
考えなくもないですが、“言わなかった”からこそ、今の自分があ
ると思っています。
T421
web拍手 by FC2

| |

« [No.964-2]マーボー豆腐 | トップページ | [No.965-1]女優顔 »

(116)通信No.401~425」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« [No.964-2]マーボー豆腐 | トップページ | [No.965-1]女優顔 »