« [No.968-2]サプライズ | トップページ | [No.969-1]お互い大変ね・・・ »

ホタル通信 No.423

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.485 空の彼方へ
実話度:★☆☆☆☆(20%)
語り手:女性

肝心の“何を見上げているのか”は、最後まで伏せたままです。
特に深い意味はなく、物語に大きく関係しないため外しました。

見上げているのは、“あべのハルカス”です。ほぼ真下に歩道
橋がありますので、そこで見上げている設定です。
この小説を一言で言えばアンニュイな状況を描いたものです。
最近、あまり書かなくなったタイプの小説です。
作者にとっての静かさは、小説のように雑踏の中で感じること
が多く、本当に静かな場所ではそれを感じることがありません。
もう少し闇っぽく表現するとすれば、人が多ければ多いほど、
孤独感があると言うことです。

この小説はそんな気持ちを描いていると言えますね。
なぜ描いたのか、明確な理由は覚えていません・・・というより
多分、理由はなかったと思います。そんなこんなで、どうにも
掴みどころがない小説になってしまうので、ラストは恋バナ的
な展開にしています。
まぁ、冬のホタルにとっては典型的なパターンですが、いつも
オチを考えずに書いている割には、そこそこ収まりがいい小説
だとは思っています。

あの時、ビルを見上げて何を想っていたのでしょうか?自分に
問うてみたいですね。もしかしたら、タイトルの通り、空の彼方
に何かを感じていたのかもしれません。
T423 
web拍手 by FC2

| |

« [No.968-2]サプライズ | トップページ | [No.969-1]お互い大変ね・・・ »

(116)通信No.401~425」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« [No.968-2]サプライズ | トップページ | [No.969-1]お互い大変ね・・・ »