« [No.966-2]白いワンポイント | トップページ | [No.967-1]気が早い桜 »

ホタル通信 No.422

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.455 ネオンカラー
実話度:★★☆☆☆(40%)
語り手:男性

ネオンカラーにまつわる高校時代の話は事実です。思い出すと
かなり恥ずかしい服装でした。

作者の性別や年齢が分かってしまうので、あまり詳細には書け
ませんが、当時、確かにそんな感じの色が流行っていました。
その流行に乗ったわけではないのですが、おしゃれを気にする
年頃でしたからごく自然にその服を選んでしまったと思います。

海に出掛けた・・・と言ってもたかが高校生です。彼女を自転車
の後ろに乗せ出掛けていったわけですが、そんなにロマンティ
クなものではありませんでした。「お尻が痛くて大変だった」と風
のうわさで知りました。
そりゃそうですよね、車で出掛けるならまだしも、そんなに距離
が縮まっていない二人がそれも自転車で出掛けるには“海”は
敷居が高すぎます。
この一件だけのせいではありませんが、別れる原因の引き金に
なった可能性はあります。

生意気な発言ですが、彼女から告白されて付き合うようになりま
したから、立場としては僕の方が上した。
でも、別れる際には「思っていたような恋ではなかったと」と言わ
れたのを今でも覚えています。
僕を気遣っての発言だと思いましたね・・・なんせ、当時は硬派を
気取っていましたから、普通の女子なら退屈しないわけはありま
せんからね。
T422
web拍手 by FC2

| |

« [No.966-2]白いワンポイント | トップページ | [No.967-1]気が早い桜 »

(116)通信No.401~425」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« [No.966-2]白いワンポイント | トップページ | [No.967-1]気が早い桜 »