« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »

2020年3月

ホタル通信 No.424

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.480 望遠鏡
実話度:★☆☆☆☆(20%)
語り手:男性

小説の内容に直接関係しませんが、この頃は登場人物に名前
を付けていたんですね、自分で言うのも何ですが。

名前についてはいつの頃からか付けなくなりました。理由は簡
単です。面倒になったからです(笑)
さて、本題に入ります。話の主軸である望遠鏡を雑誌の付録と
して手に入れたのは事実です。冬のホタルでは、星とか宇宙と
かは比較的扱われるテーマです。今回の小説もこの流れだと
思って下さい。

実は小説に書いているほど月の表面は見えていません。小さ
いながらクレーター・・・さすがに無理でした。
それでも地上から肉眼で見るよりは遥かによく見えていました。
実話度が20%なのは、これらだけが事実であり、奈央(なお)と
のやりとりは全て創造の産物です。
ただ、全くの創造でもなく、彼女が星が好きだったせいもあり、
自然とこのような小説が生まれました。
タイトルだけではどんな小説か思い出せなかったのですが、読
み直してみて、ようやく記憶がよみがえってきました。
もしかしたら「こんな風になればいいな?」と考えていたのでしょ
うね。

これと言って、とがった特徴がない小説で気の利いたオチでも
ありません。でも、個人的には大変好きなラストです。
普通の話をちょっとだけ輝かせて話を締め括る・・・今でも心が
けていることです。
T424
web拍手 by FC2

| | コメント (0)

[No.970-2]ここは私の場所

No.970-2

「君はいつも右だったの?」

ちょっと意地悪な質問を投げてみた。
多少なりとも興味があるからだ。

「それって、右左が聞きたいの?」
「それとも、恋愛経験?」

どうやら見抜かれていたようだった。
後者の意味が強いからだ。

「えっ・・・まぁ・・・どっちも・・・」
「ふふふ、正直ね・・・私はね・・・」

右左については、彼女も覚えていないと言う。

「だって意識したことないもん!」

むしろ覚えている方が不自然だろう。

「で、後者も聞きたい?」
「・・・いや、やめとく」

過去を詮索するのはよくない。
それに聞き方も卑怯だ。

「真面目なんだから」
「そう、からかうなよ・・・」

同じ大学内に元彼が居る・・・そうなれば意識せざるを得ない。
僕の場合がそうだからだ。

「でもね」
「あなたの元カノがここに居ることは知ってるよ」

広いようで狭いのが大学のキャンパスだ。
どこかで見られていたらしい。

「そ、そうなんだ・・・」
「どこの誰かは知らないけど、いつも右側を歩いてたよね?」
S970
(No.970完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | コメント (0)

[No.970-1]ここは私の場所

No970-1

登場人物
男性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
「こっちに来れば?」

彼女が道路側を歩いている。
歩道を歩いているとは言え、こちらの方が安全だ。

「いいよ、こっちで」
「危なくないか?」

最近、物騒な事故も多い。

「大丈夫よ、でもありがとう」
「それならいいけど」

そう言えば、必ず彼女は僕の右側を歩く。
別にそう決めたわけでもない。

「右?」
「そう言えばそうよね」

彼女も特に意識していなかったようだ。
それについては僕も同じだ。

「一度位置が決まると・・・ね」
「何だか、おさまりが悪くて」

確かにそうだ。
彼女に左を歩かれると、僕も何だか落ち着かない。

「まぁ・・・そうだな」
「でしょ?」

例え左側に立ったとしても、自然にその形になる。

「不思議ね」
「これが僕たちの形じゃない?」

今まではどうだったか・・・。
正直覚えていない。

(No.970-2へ続く)

| | コメント (0)

[No.969-2]お互い大変ね・・・

No.969-2

悟られないようにさらに断片的な会話が続く。
ようやく合図を送った主旨が見えて来た。

「それに、もうひとりは・・・」
「・・・ほんとだ」

カキフライの定食だろう・・・確かメニューにもあった。
それにしてもかなりの量だ。

「意外・・・なんていったら怒られるね」
「・・・そうよ」

トンカツやカキフライは若者だけの食べ物じゃない。
分かっているけど、何だか“負けた”気分だ。

「それに引き換え私たちは・・・」
「あはは・・・だね」

本当はそれを食べたいのに、我慢している。
魚はそれほど好きじゃない・・・お互い。

「注文し直す?」

注文してからそれほど時間は経っていない。
今ならまだ間に合うかもしれない。

「ううん・・・調理に入っていたら悪いし」

店に迷惑は掛けたくない。

「今度頼もうよ」
「そうね、た、たまにはいいよね?」

自分で自分に言い聞かせているようだ。

「ん?」

また、友人が合図を送ってきた。
今度は、反対の席だ。

「お互い大変ね・・・」

若い女の子が頼んだ料理が運ばれてきた。
私たちよりももっとヘルシーそうな料理だった。
S969 
(No.969完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | コメント (0)

[No.969-1]お互い大変ね・・・

No.969-1

登場人物
女性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
「ん、なに?」

友人がしきりに顔を横に動かしている。
何か合図を送っているようだ。

「もぉ・・・ほら・・・と・・・なり・・・」

今度は小声も加わった。
どうやら隣を見ろという合図らしい。

(なにかあったっけ?)

隣には、私たちよりも先に女性が二人座っていた。
おばさんと言うより、おばあちゃんに近い。

「わ、わかったから・・・」

さりげなく隣に目を向ける。
特に・・・変わったところはない。

「普通・・・よね?」
「じゃなくて、料理よ、料理」

隣に悟られないためだろう、断点的な会話が続く。

「・・・料理?」

この店は魚料理に定評がある。
メニューのほとんどは魚がメインだ。
そのせいもあって、特にシニアの人に人気がある。

「料理ねぇ・・・ん?」
「ん?」

思わず二度見してしまった。

「逆じゃん!?」
「でしょ!」

どうやら食べている料理のことを言いたかったらしい。

「・・・カツだよね?」
「うん」

(No.969-2へ続く)

| | コメント (0)

ホタル通信 No.423

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.485 空の彼方へ
実話度:★☆☆☆☆(20%)
語り手:女性

肝心の“何を見上げているのか”は、最後まで伏せたままです。
特に深い意味はなく、物語に大きく関係しないため外しました。

見上げているのは、“あべのハルカス”です。ほぼ真下に歩道
橋がありますので、そこで見上げている設定です。
この小説を一言で言えばアンニュイな状況を描いたものです。
最近、あまり書かなくなったタイプの小説です。
作者にとっての静かさは、小説のように雑踏の中で感じること
が多く、本当に静かな場所ではそれを感じることがありません。
もう少し闇っぽく表現するとすれば、人が多ければ多いほど、
孤独感があると言うことです。

この小説はそんな気持ちを描いていると言えますね。
なぜ描いたのか、明確な理由は覚えていません・・・というより
多分、理由はなかったと思います。そんなこんなで、どうにも
掴みどころがない小説になってしまうので、ラストは恋バナ的
な展開にしています。
まぁ、冬のホタルにとっては典型的なパターンですが、いつも
オチを考えずに書いている割には、そこそこ収まりがいい小説
だとは思っています。

あの時、ビルを見上げて何を想っていたのでしょうか?自分に
問うてみたいですね。もしかしたら、タイトルの通り、空の彼方
に何かを感じていたのかもしれません。
T423 
web拍手 by FC2

| | コメント (0)

[No.968-2]サプライズ

No.968-2

「それが“誕生日ですよね?”なんだもん!」

二人ともキョトンとしたまま、“はい”と答えるので精一杯だった。
その後、喜びがジワジワと湧いて出て来た。

「あの人、支配人だよね?」
「多分そうだろうな」

幸いにも歌は無かった。
もしかしたら、これも気遣いだったのかもしれない。

「話は戻るけど、注目されるのも悪くないね」
「逆に良い思い出になったくらいだな」

店の人が記念撮影を申し出てきた。
もちろん、それに応えた。

「まぁ・・・照れ臭かったけどな」
「私もよ」

店の粋な計らいで、二軒目の店でも話題に事欠かない。
今でも“興奮冷めやらぬ”といった感じだ。

「でも、不思議よね・・・」

食事中、誕生日の話をした記憶はない。
もし、話題が出たとしても、それが“彼女”の話かは分からない。
へたなサプライズはリスクが高い。

「そうね、“違います”なんてこともあるからね」
「だから、確実に誕生日だと分からないと・・・」

とは言え、四六時中、客に張り付いていることもできないだろう。
残念ながら、これについては謎として残りそうだ。

「とにかく・・・もう一度乾杯しようぜ!」
「うん!」

あらためてワイングラスを持ち上げる。

「お誕生日おめでとう!」
「ありがとう!」

謎が溶けた瞬間だった。
S968
(No.968完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | コメント (0)

[No.968-1]サプライズ

No.968-1

登場人物
男性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
ドラマにでも出てきそうなシーンを体験した。

「ほんと、ビックリしたね!」
「あぁ、まさしくサプライズだったよ」

さっきまで、彼女の誕生日を祝っていた。
何度か訪れたことがある店だった。

「でも、どうして分かったんだろうね?」
「そうなんだよな・・・」

特別な日には、店から無料でデザートが提供される。
そのこと自体は知っていた。

「予約した時には知らせてないんでしょ?」
「そうだよ、恥ずかしいって言ってただろ?」

無料のデザートは魅力的だ。
けど、明らかに特別な日と分かってしまう。

「目立っちゃうもんね」

誕生日ならバースデーソングを歌われ、一躍時の人になる。
それはそれで照れ臭い。

「でも・・・ほんとに知らせてないの?」
「うそじゃないぞ!?」

確かに、サプライズを狙うことはできた。
けど、僕も彼女も注目されることを苦手としている。

「そう・・・」
「でも、注目されるのも悪くなかったね」

食後にコーヒーを注文した。
しばらくしてから、持ってきたのが例のデザートだった。

「そうだな」

それは頂上に花火をあしらったパフェだ。
無料とは思えないほどのボリウムがあった。

「最初は“誰か記念日なんだぁ~”って思ってた」
「僕もだよ」

それがテーブルに運ばれてきた時は間違いだと思った。

(No.968-2へ続く)

| | コメント (0)

[No.967-2]気が早い桜

No.967-2

「せっかくだから、他にも見てまわろうよ!」
「見るまでもないだろ?」

彼がとどめを刺してきた。

「ほら、向こうの方は分からないじゃん!」
「そうか?俺には咲いてないように見えるけどな」

並木はかなり遠くまで続いている。
だから、可能性はゼロではない。

「もし咲いてたらラッキーじゃん!」
「良いことあるかもね!」

強引だけど、桜自体にはとても良いイメージを持っている。
少なくともアンラッキーなアイテムではない。

「行ってみようよ!」
「・・・そこまで言うなら」

渋々ながらも二人で歩き始めた。

「やっぱり、咲いてないね・・・」

期待を込めて歩き始めたものの、やはり寂しい枝ばかりだ。
そろそろゴールも近い。

「ごめん・・・ここまで来たのに」
「別にいいさ」

さっきまでとは態度が違った。
よほど私の落胆ぶりを気遣ってくれてるのだろう。

「ここに来るまでに咲いてただろ?」
「笑顔という桜が」
S967 
(No.967完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | コメント (0)

[No.967-1]気が早い桜

No.967-1

登場人物
女性=牽引役  男性=相手
-----------------------------
「やっぱり、まだ見たいね・・・」

近くに寄らなくても咲いていないのは分かる。
見渡せば周り一面、寂しそうな枝ばかりだ。

「そりゃそうだろ?」
「だってぇ・・・」

暖冬の影響でいち早く桜が咲いたとのニュースを見た。
市内の“どこか”で桜が咲いたと・・・。

「確かに今日も暖かいけど」
「さすがに桜は早いだろ?」

そう言われると身もふたもない。

「それに肝心の場所が分からないんじゃ・・・ね」
「そう畳み込まないでよ・・・」

勢いだけでここに来た。
市内で最も有名な桜の名所だ。

「ここだと思ったんだけどなぁ」
「まぁ、可能性は高いけどな」

数本程度、梅の花なら咲いている。
ただ、これだけの敷地には無勢に多勢と言った感じだ。

「どうする・・・帰る?」
「う、うん・・・」

そもそもなぜ桜を見に行く気になったのだろうか。
時期が来れば、いくらでも見れるというのに。

(No.967-2へ続く)

| | コメント (0)

ホタル通信 No.422

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.455 ネオンカラー
実話度:★★☆☆☆(40%)
語り手:男性

ネオンカラーにまつわる高校時代の話は事実です。思い出すと
かなり恥ずかしい服装でした。

作者の性別や年齢が分かってしまうので、あまり詳細には書け
ませんが、当時、確かにそんな感じの色が流行っていました。
その流行に乗ったわけではないのですが、おしゃれを気にする
年頃でしたからごく自然にその服を選んでしまったと思います。

海に出掛けた・・・と言ってもたかが高校生です。彼女を自転車
の後ろに乗せ出掛けていったわけですが、そんなにロマンティ
クなものではありませんでした。「お尻が痛くて大変だった」と風
のうわさで知りました。
そりゃそうですよね、車で出掛けるならまだしも、そんなに距離
が縮まっていない二人がそれも自転車で出掛けるには“海”は
敷居が高すぎます。
この一件だけのせいではありませんが、別れる原因の引き金に
なった可能性はあります。

生意気な発言ですが、彼女から告白されて付き合うようになりま
したから、立場としては僕の方が上した。
でも、別れる際には「思っていたような恋ではなかったと」と言わ
れたのを今でも覚えています。
僕を気遣っての発言だと思いましたね・・・なんせ、当時は硬派を
気取っていましたから、普通の女子なら退屈しないわけはありま
せんからね。
T422
web拍手 by FC2

| | コメント (0)

[No.966-2]白いワンポイント

No.966-2

「あなたにしては、良い買い物したじゃん!」
「もぉ~どういう意味よ!?」

・・・と、怒ってはみたものの、もちろん本気ではない。
逆にいじられて気分がいいくらいだ。

「特にこのオレンジ色のワンポイントが・・・」

オレンジ色は私の好きなカラーだ。
ラッキーカラーと言ってもいい。

「ほら、ベースの色にアク・・・」
「・・・オレンジ?」

彼女が話に割って入ってきた。

「ほら、ここのオレンジ」
「もちろん、分かってるわよ」

ここに来て話がかみ合わなくなってきた。
ワンポイントはオレンジ色しかない。

「じゃなくて、ほら、その白い・・・」
「ナイキのマークのようなワンポイントよ」

(・・・白い?)

この傘に白色の部分はないはずだ。
それとも私が気付いていないだけだろうか?

「ここよ、ここ」
「ん?あっ、ほんとだ・・・って、これ・・・」

お披露目初日で、おそらくアイツの餌食となった。
Photo_20200312212702
(No.966完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | コメント (0)

[No.966-1]白いワンポイント

No.966-1

登場人物
女性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
「おはよう!」

今日はあいにくの雨だが、逆に気分がいい。
久しぶりに傘を買い替えたからだ。

「あれ?その傘・・・」

さすが友人・・・察しがいい。

「分かるの?」

しらじらしく答える。
もちろん、気付いて欲しかったわけだが。

「おしゃれじゃん!」
「でしょ!」

単色ではなく、ワンポイントで色が付いている。
控えだが、それがかえって良いアクセントになっている。

「特にそのワンポイントがいいね!」
「さすが、おしゃれ番長!分かってるねぇ~」

悔しいけど、おしゃれ度は彼女の方が上だ。
だからこその嬉しい発言だ。

「どこで買ったの?」
「これはねぇ・・・」

しばらく私の自慢話が続いた。

「・・・そんなに高くもなかったし」
「ハイブランドでもないんだけどね」

ブランド品だとそれだけで評価が高くなる。
安くて良いもの・・・これこそおしゃれ度が試される。

(No.966-2へ続く)

| | コメント (0)

[No.965-2]女優顔

No.965-2

「同じ車両にすごい美人が居てさぁ・・・」

(なにぃ~!)

「君もそうだろ?同じ時間、同じ車両に乗り込む」
「そ、そうだけどさぁ・・・」

聞けば、単に美人というわけじゃないらしい。

「何だろう・・・“女優顔”って言えばいいのかな?」
「すごく“映える”顔してて」

話をしている最中も満面の笑みだ。
よほどの人物らしい。

「ふ~ん・・・それなら毎日笑顔にもなるわよね!」
「な、なんだよ?俺、怒られてる!?」

男が美人に弱いのは承知の上だ。
けど、今回は許しがたい。

「良かったわね!満員電車に“女神”が居て!」

彼がキョトンとした顔をしている。

「あっ・・・ごめん・・・」

つい感情的になってしまった。

「けどさぁ・・・なんで知ってるの?」
「俺が電車の中でニヤケてること」

しまった・・・つい口を滑らせてしまった。
さっき“電車の中でも”・・・と、つい・・・。

「・・・ん?ニヤケテるの!?」

素直に“好きです”と言える日がくるのだろうか・・・。
S965
(No.965完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | コメント (0)

[No.965-1]女優顔

No.965-1

登場人物
女性=牽引役  男性=相手
-----------------------------
前から気になっていたことがある。
今日、それを確認してみることにした。

「ねぇ?」
「な、なんだよ・・・朝から」

いけない・・・少し警戒されている。
さりげなく話を進めて行こう。

「ほ、ほら、いつも笑顔じゃん!」
「電車の中でも」

満員電車に揺られているはずなのに毎朝、笑顔だ。
ある意味、仏のようにも見える。

「そう?意識してないけどな」
「私なんて・・・」

逆に鬼の形相だ。
何度足を踏まれて、睨み返してきたことか・・・。

「満員電車辛くないの?」
「そりゃ・・・ね、大変だけど・・・」

(大変だけど何?)

「まぁ、それ以上の幸せがあるからね!」
「なにそれ・・・」

こいつに彼女がいないことは知っている。
それ以外で幸せなことがあるのだろうか?

「聞きたい?」
「・・・まぁ、聞いてあげてもいいけどぉ」

願ってもいないチャンスだ。
ついでに何か進展があるかもしれない。

(No.965-2へ続く)

| | コメント (0)

ホタル通信 No.421

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.482 次の恋
実話度:★★★★☆(80%)
語り手:男性

実話度が示す通り、概ね事実です。事実と大きく異なっている
のは彼女を呼び付けた方法です。

小説ではメールにしていますが、実際は手紙です。
当時、メールが一般的ではなかった時代でしたから、連絡手段
と言えば電話か手紙でした。ですから、彼女が来るか来ないか
は“賭け”のようなものでした。
話はそれますが、そう考えると昔は、待ち合わせするということ
は、かなり重みのある行為だったのかもしれませんね。簡単に
相手に連絡を取ることができませんから、お互い是が非でも待
ち合わせ場所に行かなくてはなりません。

冒頭書いた通り、ほぼ実話ですから、会話もほぼ再現できてい
ます。ただ、ラストの4行だけは創作しています。つまり、こんな
会話はなかったわけです。
この部分は願望と言えば願望なのですが、絵空事というわけで
もなく「言いかけて言えなかったセリフ」と表現できます。

さて、この小説のその後を書くとすれば、彼女とはこれっきりと
なり、会うこともなく、もちろん連絡もとっていません。
もし、あの時、勇気を出して、そのセリフを口にしていたら・・・と
考えなくもないですが、“言わなかった”からこそ、今の自分があ
ると思っています。
T421
web拍手 by FC2

| | コメント (0)

[No.964-2]マーボー豆腐

No.964-2

「それで・・・話って?」
「今日のLINEでさぁ・・・」
「・・・うん」

いつになく神妙な表情だ。

(あれ?何か勘違いさせてる?)

「“マーボー豆腐だよ”と送ってくれたじゃん」
「・・・そうだけど?」

さっきとはまた表情が変わった。

「送ったLINE見てみなよ」
「えっ・・・」

何かを悟ったのか、恐る恐るLINEを確認している。

「これが何か?」
「よく見てみろよ」

いつも“マーボー”ではなく、“マァボー”になっている。

「・・・話はそれだけ?」
「そ、そうだけど・・・」

部屋から追い出されるまでにそう時間は掛からなかった。

あれから何とか仲直りはできた。
ただ、マーボーは作ってくれない。

『今晩は、チンジォロースだよ』

もう細かいことは気にしない。
食べることが先決だ。
S964
(No964完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | コメント (0)

[No.964-1]マーボー豆腐

No.964-1

登場人物
女性=牽引役  男性=相手
-----------------------------
彼女からlLINEが来た。
今晩、食事を作って待っているという。

「それにしても・・・プッ!」

思わず笑いが出てしまった。
“笑み”ではない・・・間違いなく“笑い”だ。

「とにかく行ってみるか」

そろそろ言っておいた方が良いだろう。
大きな恥をかかないうちに。

「今晩はいつものマーボーだよ」
「それ好きなんだよな!」

極端に言えば毎日でも食べたいくらいだ。
特に彼女の作るマーボー豆腐は絶品だ。

「どこで覚えたんだよ、これ?」
「昔、料理教室に通ってたんだ」

(昔ねぇ・・・)

ちょっと気になりもするが、今日はこれが目的じゃない。
そろそろある事実を伝えないといけない。

「今日・・・大切な話があるんだ」
「えっ!?」

驚きの表情と共に、なぜか赤ら顔になっている。

「ちょ、ちょっと待って!ちゃんと聞きたいから・・・」

料理の手を止めて、食卓テーブルの椅子に座った。

(No.964-2へ続く)

| | コメント (0)

« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »