« ホタル通信 No.419 | トップページ | [No.959-2]奇妙な踊り »

[No.959-1]奇妙な踊り

No.959-1    [No.07-1]せいじゅうろう

登場人物
男性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
「・・・」
「・・・」

無言で見つめ合う。
とは言え、“ラブラブ”だからではない。

「いやぁ~めでたい!」
「ほんとだね」

何がめでたいのか、細かいことは気にしない。
菜緒(なお)と居るとこれが日常だ。

「あの時、何考えてたん?」
「それは菜緒と一緒だよ」

さっき、リラックマの店に寄った。
その時、あるぬいぐるみを見つけた。

「“これ欲しい!”ってこと?」
「そうだよ、だから買った」

彼女に無言でねだられたわけではない。
もちろん、見つめられたからでもない。

「俺も“欲しかった”からね」
「だって・・・プッ!」

かわいいのもあるが、どちらかと言えば笑える。
それに正月らしい“ネタ”だ。

「笑ろうたら失礼やん!」
「・・・プッ!」

彼女も堪えきれずに笑った。

(No.959-2へ続く)

|

« ホタル通信 No.419 | トップページ | [No.959-2]奇妙な踊り »

(S01)せいじゅうろう」カテゴリの記事

(039)小説No.951~975」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ホタル通信 No.419 | トップページ | [No.959-2]奇妙な踊り »