« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »

2020年1月

[No.959-2]奇妙な踊り

No.959-2

「何だよ、笑ってるじゃん!」
「せやかて~」

正月らしい、何とも平和な時間が流れる。
それもこれも、こいつの存在が大きい。

「これ、どこに置いとく?」
「そうだな・・・」

せっかくなので、目につく所に置いておきたい。
縁起を担ぐ意味でも。

「車の中なんてどう?」
「“先住民”もいることだし・・・」

先住民は、ドアポケットにちょこんと居座っている。

「せやな・・・交通安全もあるしな」

関係ないけど、そういうことにしておこう。
雰囲気はそう遠くもない。

「行き先が決まって・・・めでたい!」

さっきよりも上機嫌だ。
それをつかむと、それが泳いでいるフリをし始めた。

「めでたい!めでたい!」

そう言いながら、体をユラユラと揺らして踊り始めた。

「・・・なに冷めてるねん!一緒に踊るで!」
「えぇー!そうなの!?」

奇妙な踊りから1年がスタートした。
Image0_20200119220401
(No.959完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | コメント (0)

[No.959-1]奇妙な踊り

No.959-1    [No.07-1]せいじゅうろう

登場人物
男性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
「・・・」
「・・・」

無言で見つめ合う。
とは言え、“ラブラブ”だからではない。

「いやぁ~めでたい!」
「ほんとだね」

何がめでたいのか、細かいことは気にしない。
菜緒(なお)と居るとこれが日常だ。

「あの時、何考えてたん?」
「それは菜緒と一緒だよ」

さっき、リラックマの店に寄った。
その時、あるぬいぐるみを見つけた。

「“これ欲しい!”ってこと?」
「そうだよ、だから買った」

彼女に無言でねだられたわけではない。
もちろん、見つめられたからでもない。

「俺も“欲しかった”からね」
「だって・・・プッ!」

かわいいのもあるが、どちらかと言えば笑える。
それに正月らしい“ネタ”だ。

「笑ろうたら失礼やん!」
「・・・プッ!」

彼女も堪えきれずに笑った。

(No.959-2へ続く)

| | コメント (0)

ホタル通信 No.419

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.490 すれ違い
実話度:★★★★★(100%)
語り手:男性

ほぼ100%の実話です。脚色もほとんどありませんので、お約束
通り、作者は語り手である男性とは限りません。


100%実話なので書いてある通りのことが起こりました。一度なら
まだしも、二度も続けて直前に連絡が入りました。
彼女は知り合いで何度も会っている人なので、素直に受け入れて
も良かったのですが、なぜかそうすることができませんでした。
理由は簡単です。「体調が悪い」ということを疑っていたからです。
もちろん、体調が前日から悪く、ギリギリまで回復するのを待った
上での判断だったかもしれません。でも、そんな風に考える余裕も
冷静さも欠けていました。

小説に書いている通り、出掛ける前なら素直に受け入れられていた
かもしれません。諦めもつきます。
でも、上から目線の言い方になりますが、“わざわざ電車賃まで使っ
て出掛けた”わけですから、何らかの結果が欲しくもなります。
それに話せませんが、別の理由もあります。出掛けてしまった以上、
そうそう帰れない事情が・・・。

とにかく、その時は頭に血が上っていたことを今でも覚えています。
電話ではなく、メールかLINEでのやり取りでしたが、明らかに文字の
“口調”が攻撃的でした。
自分を美化すれば、“それでも会いたかったから”となるわけですが
前述した通り、当時の正直な気持ちは「うそを付いている」と考えて
いました。

今となっては、苦い経験として反省していますし、それを素直に受け
入れられる年齢にもなりました。
T419
web拍手 by FC2

| | コメント (0)

[No.958-2]時代の流れ

No.958-2

「時代の流れだよね」

今の時代、自宅に居ながらレンタルできる時代だ。
それに、そもそもレンタル不要の時代でもある。

「そうだね」
「ネット経由で見られるし」

それも定額で見放題なら、こっちを選んだ方が良い。
特に私たちのようなヘビーユーザーは。

「けど、店で色々と物色するのが楽しいんだよね」
「言えてる!思わぬ出会いが待ってるからね!」

予告で見たものもあれば、全く知らないものまで・・・。
それに何度もパッケージに騙された。

「酷評するのもある意味、醍醐味よね」
「そうそう!悪口の言い放題!」

もちろん、そこには愛がある。

「で・・・現実問題どうする?」
「う~ん・・・」

想いを語ったものの結論は出ていない。
近所にレンタルショップがないからだ。

「電車に乗って行くのも何だし・・・」
「そうね、結構深刻な問題よね、私たちにとっては」

大袈裟だけど、すぐに答えが出そうにない。

「じゃあ、聞きに行こうか?店員さんに」
S958
(No.958完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | コメント (0)

[No.958-1]時代の流れ

No.958-1

登場人物
女性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
「えっ!?」

店の前に大きな張り紙がしてあった。

「ねぇ、知ってた?」
「・・・もしかして」

友人のことだ。
すでに目にしているはずだ。

「閉店するんだって」
「・・・みたいね」

言わずとも通じていたようだ。

「私なんか週に一度は通っていたもんね」

“行っていた”ではなく、“通っていた”ところに想いを感じる。
確かに私も“通っていた”からだ。

「横着して“お奨めは?”なんて聞くこともあったし」
「私なんて・・・」

映画のタイトルが思い出せない時、助けてもらった。

「ほら・・・こんな感じの俳優が出てる映画・・・なんてね」

まるで難しいクイズを出しているようだった。
それでもちゃんと答えてくれた。

「プロだよね」
「うん、言えてる」

そんな頼もしい店員が居た近所のレンタルショップが閉店する。

(No.958-2へ続く)

| | コメント (0)

[No.957-2]自然と文明の境界

No.957-2

「橋を架けるならもっと早くにしなさいよ!って感じ」

けど、橋が架かったお陰で周辺の経済は活性化した。
大袈裟だけど。

「私はね・・・正直言うとちょっとガッカリしてる」
「・・・そうなの?」

橋は地元の悲願だとばかり思っていた。

「私は昔の方が良かったわ」
「静かだったからね」

家の周辺は、いわゆる袋小路になっていた。
格好よく言えば、文明と自然の境界的な場所でもあった。

「その表現、ピッタリね!」
「確かに、ここで文明が終わりって感じだった」

文明を超えた先は、大自然そのものだった。

「まぁ、早い話・・・田舎ってことだけどね」
「あはは、そうそう!」

友達に言わせれば、橋が全てを変えたことになるだろう。
行き交う車と立ち並ぶお店がその答えだ。

「便利になった反面、失ったものの大きいと思わない?」
「・・・かもね」

文明と自然の境界線は、思い出と現実との境界線でもあった。
S957
(No.957完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | コメント (0)

[No.957-1]自然と文明の境界

No.957-1

登場人物
女性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
久しぶりに地元の友達と会った。

「ほんと、変わったよね?」
「このあたりは特にね」

今、通過中のこの橋には強い“思い入れ”がある。
言葉の使い方は決して正しくはないが・・・。

「昔さぁ、向こうに行くの大変だったよね?」

家のすぐそばを大きな川が流れていた。
だから向こうに行くには、必然的に橋を渡ることになる。

「私はまだマシな方だったけど」

ただ、家の近くに橋が無かった。
そのために、相当遠くの橋を渡る必要があった。
極端に言えば、目の前にある場所に行くにも・・・だ。

「もし、近くに橋があったら、数分で行けるのにね」

既存の橋を使えば、その10倍近い時間が掛かった。

「それが、今じゃねぇ・・・」

ある意味、悲願とも言える“近く”に橋が架かった。
地元を離れてから、5年くらい経過した頃に。

「嬉しいやら悲しいやら」

格段に便利にはなったが、私はその恩恵を受けていない。

(No.957-2へ続く)

| | コメント (0)

« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »