« [No.951-2]憩いの場所 | トップページ | [No.952-2]光になりたい »

[No.952-1]光になりたい

No.952-1     [No.07-1]せいじゅうろう

登場人物
男性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
知り合いから、ちょっと変わった品をいただいた。

「へぇ~なるほど!」

簡単に言えば、光エネルギーを利用したエコなランタンだ。

「これ、どう?」

翌日、さっそく、菜緒(なお)に見せた。
どんな反応をするか楽しみだった。
人一倍、この手の物に反応を示すからだ。

「・・・」
「えっ・・・何もなしかよ?」

想定外の反応だった。
全くと言っていいほどの無反応ぶりだ。

「・・・何か足りないね」
「標準語ぉ!?」

神妙な表情よりも言葉遣いが気になった。
もしかして、初めて聞く標準語かもしれない。

「なに驚いてんねん!」
「そりゃ、驚くよ・・・」

ただ、少し話が逸れてきた。
早めに本題に戻さないと・・・。

「だから、どう、これ?」
「だ・か・ら、何か足りないねん・・・」

ある意味、よくやく落ち着いて話せそうだ。

(No.952-2へ続く)

|

« [No.951-2]憩いの場所 | トップページ | [No.952-2]光になりたい »

(S01)せいじゅうろう」カテゴリの記事

(039)小説No.951~975」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« [No.951-2]憩いの場所 | トップページ | [No.952-2]光になりたい »