« [No.956-2]大掃除 | トップページ | [No.957-1]自然と文明の境界 »

ホタル通信 No.418

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.565 酔った勢いで
実話度:★☆☆☆☆(20%)
語り手:男性

言葉を選んで都合良く言えば、大人感が漂う“ムーディ”な小説
ですね。こんな小説作っていることをすっかり忘れていました。

さて、まずは実話度からです。
実話度20%にした通り、ほぼ創作と言えますが、所々に事実が
散りばめられています。
代表的な部分では「酔った者同士が、それぞれの勢いで」でしょ
うか・・・。直後に「行ったのは確かだけど」とセリフがありますが
あくまでも“彼女の家”に行った設定にしてあります。
事実は、彼女の家に行ったのは間違いありませんが、中に入ら
ず、彼女を送り届けると帰路につきました。
ただ、帰路につく際、電話番号を交換し、それから付き合いが始
まりました。これに関しては小説の中では触れていません。

そんなこんなな過去を小説では、同僚の女性と会話している設
定にしていますが、実はこの展開も前述した酔っていた彼女・・・
後に付き合うことになった女性のことなんです。
話がややこしくなりますが、前半は同僚ではなく、その彼女のこ
ととして、置き換えて読んでいただくのもおもしろいかもしれませ
んね。
ただ、残念ながら、後半の半分を過ぎたところからの展開が作者
である私にもピンときません。
多分、“昔の彼女の家から朝帰りしたパターンをまた繰り返して
しまった”のような展開だと思いますが、流行の言葉を借りれば
冬のホタルでは珍しい“セクシー”な小説と言えますね。
T418 
web拍手 by FC2

| |

« [No.956-2]大掃除 | トップページ | [No.957-1]自然と文明の境界 »

(116)通信No.401~425」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« [No.956-2]大掃除 | トップページ | [No.957-1]自然と文明の境界 »