« [No.950-2]半年先にあるもの | トップページ | [No.951-1]憩いの場所 »

ホタル通信 No.415

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.578 バチあたりな行動
実話度:★☆☆☆☆(20%)
語り手:女性

読み返してみるとラストの2行にやや「失敗したぁ!」感が漂って
います。

シチュエーションはほぼ事実です。マンションの一室から見える
出窓の上でハトが寝ていました。
寝ているだけならいいのですが、朝方になると例の鳴き声がダイ
レクトに聞こえてきました。7階の出窓だけあって、ハトにとっては
安全地帯です、私とは真逆で心置きなく眠れていることでしょう。
さて、冒頭で「失敗したぁ!」と思ったのは、私がハト以外のことで
イライラしている伏線が書かれていないからです。
もちろん、伏線をあえて書かない小説も多いですが、この小説に
関して言えば、書くべきだったでしょう。小説上では、イライラの原
因がハトであることしか描かれていません。

ハトに悪気はないのでしょうが、こまりものでした。
ただ、鳴き声よりも困っていたのは“ハトの糞”でした。出窓はもち
ろん、周辺はハトの糞だらけで、長時間同じ場所に居座られると
その被害も尋常ではありませんでした。
それもあって、ハトには気の毒ですが、夜、懐中電灯の光で驚か
してしまった・・・というわけです。

まぁ・・・ハトは好きではありません。
でも、憎めない奴と言いますか、何かと話題を提供してくれる相棒
とも言えなくもありません。
今でも時々ベランダでハトが休んでいるのを見掛けます。撃退?
いいえ、陰からコッソリ覗いて、行動を観察しています。
S415
web拍手 by FC2

| |

« [No.950-2]半年先にあるもの | トップページ | [No.951-1]憩いの場所 »

(116)通信No.401~425」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« [No.950-2]半年先にあるもの | トップページ | [No.951-1]憩いの場所 »