« [No.954-2]上から目線 | トップページ | [No.955-1]長い呪縛 »

ホタル通信 No.417

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.555 少し照れながら
実話度:☆☆☆☆☆(00%)
語り手:女性

タイトルだけで内容が思い出せるもの、逆にタイトルだけでは思
い出せないもの・・・今回の小説は後者になります。

実話度はゼロですが、もちろんきっかけはあります。ただ、ある
と言いながらも全くそれを思い出すことができません。話の内容
からすれば、ドラマのワンシーンのような空気感がありますね。
さて、手法としては前半、何が行われているか隠しながら、後半
に入っていくパターンです。
とは言え、後半になってもオブラートに包まれたような感じで話
が展開していきます。

タネあかし・・・というほど大袈裟なものではありませんが、相手
の人、どうして“しゃがみ込んでいた”のか、分かりますか?
そうです、花の写真を撮っていたわけです。
あえて直接的な“写真”や“撮る”といった言葉を使わず、雰囲気
だけでそれを伝えようと考えました。
「そう言うと手に持っていたそれを、軽く私に向けた」の部分が一
番、カメラを意識させるシーンだと思います。

最後のシーンは読み直してみると、最初は自分でも?だったの
ですが、ようやく意味が分かりました。つまり、相手の方に頼まれ
て早い話、モデルを務めたわけです。
ただ、手だけが花に写り込むようにしたのか、全身だったのかは
作者も決め兼ねていますが、タイトルからすれば後者だったの
だろうと結論を付けています。
T417
web拍手 by FC2

| |

« [No.954-2]上から目線 | トップページ | [No.955-1]長い呪縛 »

(116)通信No.401~425」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« [No.954-2]上から目線 | トップページ | [No.955-1]長い呪縛 »