« [No.952-1]光になりたい | トップページ | ホタル通信 No.416 »

[No.952-2]光になりたい

No.952-2

「・・・足りない?」
「そや、足りない」

何が足りないと言うのだろうか?
もしかして・・・。

「中身ってこと?」
「ん!?そやなぁ・・・!」

自分自身でも気付いていなかったみたいだ。
その足りない何かを。

「まぁ、確かに・・・」
「何かを入れることはできるけどな」

ランタンとは言え、小物入れとしても使える。
光に照らされて幻想的な雰囲気も作り出せそうだ。

「何かないかな?」
「あるやろ、ピッタリなやつが!」

さっきとは打って変わって積極的になっている。
・・・ということはアレ、いや・・・あいつしかいない。

「せいじゅうろう?」
「決まってるやろ!」

そう言うと、ガサゴトと引き出しを物色し始めた。

「・・・ほら!ちょうどええやつがおったやん!」
「なるほど!」

ビンの中で、せいじゅうろうが光る。
今、ようやく長年の夢が叶った気分だった。
Image0 
(No.952完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

|

« [No.952-1]光になりたい | トップページ | ホタル通信 No.416 »

(S01)せいじゅうろう」カテゴリの記事

(039)小説No.951~975」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« [No.952-1]光になりたい | トップページ | ホタル通信 No.416 »