« [No.946-2]私は三流 | トップページ | [No.947-1]憂鬱になる曲 »

ホタル通信 No.413

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.518 静かな日曜日
実話度:☆☆☆☆☆(00%)
語り手:男性

こんな小説を作っていたんですね。それに読み直してみても
内容がイマイチ入ってきません。

小説を書くきっかけは何だったのか、全く覚えていませんが、
雰囲気からすれば、日曜日に早朝から出掛ける予定があり、
その時のシーンを描いたような気がします。
全編プライベートな内容ではなく、仕事の話になっていること
から、多分、出張の行きか帰りかの体験談が基になっている
可能性が濃厚です。
一時期、仕事の関係で全国を1ヶ月ほど飛び回っていたことが
ありました。

実話度が示す通り、きっかけはあったにせよ、ほぼ創作です。
小説上の私(男性)は店長ではなく、そもそも自営業ではあり
ません。話に都合上、そうしたに過ぎません。
冒頭書いたように何を言いたい小説か分かりません。もちろん
メッセージ性のある小説を書いているわけではないので、気に
する必要もありませんが、良い意味での“自己満足”も感じま
せん。
とは言え、私がよく言う“商業的な”作りでもなく、創作物として
もイマイチです。

ラストに何となくオチらしきものを持ってきていますが、何度も
言うようですが、心に響かないですね。
T413
web拍手 by FC2

| |

« [No.946-2]私は三流 | トップページ | [No.947-1]憂鬱になる曲 »

(116)通信No.401~425」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« [No.946-2]私は三流 | トップページ | [No.947-1]憂鬱になる曲 »