« [No.944-2]何のため? | トップページ | [No.945-1]ブルーキュラソー »

ホタル通信 No.412

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.503 ファンクラブ
実話度:★☆☆☆☆(20%)
語り手:女性

会話自体は創作ですが、話の主軸となるクラブ活動の集合
写真は事実です。

小説の上では、バスケ部になっていますが、実際は陸上部
です。なぜ、わざわざバスケ部にしたのか覚えていませんが
集合写真の“集合”のイメージから団体競技を選んだものと
推測します。
陸上競技は、基本的に個人競技ですから、何となく集合とい
うイメージに合いません。団体で男女共通の競技ということ
でバスケにしたんでしょう・・・安易ですが。

ファンクラブ・・・とは言いませんが、それはそれは女の子に
囲まれてご満悦の表情でした。
記事の途中であえて書くのであれば、作者は牽引役である
私(小説上の彼女)か、小説上の彼です。もし、作者が“彼”
の方だったら自分で自分を褒めちぎっていることになります
が、ただの過去の栄光ですから、ご勘弁ください。
当時、女子高に通う私と付き合うことになり、偶然にもクラブ
活動も同じだったことから、こんな騒ぎになりました。
そんなつもりはなかったのですが、なんせ、皆さんお年頃で
すから・・・。

嬉しいような、そっとしておいて欲しい様な複雑な心境でした。
さすがにその写真の現物は残っていませんが、しっかり、心
の中には焼き付いています。
T412
web拍手 by FC2

| |

« [No.944-2]何のため? | トップページ | [No.945-1]ブルーキュラソー »

(116)通信No.401~425」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« [No.944-2]何のため? | トップページ | [No.945-1]ブルーキュラソー »