« [No.948-2]モジモジ | トップページ | [No.949-1]目薬 »

ホタル通信 No.414

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.593 幻の桜
実話度:★★☆☆☆(40%)
語り手:女性

この小説で描かれている場所は、今でも実在しており、平日は
毎日その場所を通っています。

小説の通り、ある日「えっ!?」みたいな発見がありました。
桜が完全に散った冬こそ、幻の桜は咲き誇ります。マンションの
外壁のピンク色が何もない桜の枝に映えるからです。もちろん
今の時期も咲いています。
桜って、その存在だけで、ドラマを感じさせます。入学や卒業が
その代表例でしょう。きっと、多くの笑顔や涙を桜は見てきたと思
います。

小説自体には奥深いものはなく、“状況説明”調な展開です。
悪く言えば、冬のホタルの醍醐味である“ドロドロ”感がまるであり
ません。ですが、主軸が桜だけに、その存在だけで何かを物語っ
てくれる・・・そんな印象を持っています。
従って、小説が何かを訴え掛けるというスタンスではなく、読み手
の皆さんが、桜を通じて自分の経験を振り返っていただく・・・そん
な作りと言えます。

そのため、ラストもあえて中途半端にして、“何かあるような”感じ
で締めくくっています。
人それぞれ、自分の想いをそこに重ねていただければ幸いです。
T593
web拍手 by FC2

| |

« [No.948-2]モジモジ | トップページ | [No.949-1]目薬 »

(116)通信No.401~425」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« [No.948-2]モジモジ | トップページ | [No.949-1]目薬 »