« [No.936-2]ロックとクラシック | トップページ | [No.937-1]外を眺めていた »

ホタル通信 No.408

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.453 えっへん!
実話度:★★★★★(100%)
語り手:男性

久しぶりの“100%実話小説”のご紹介です。家庭菜園にまつわる
小説は、今でも書き続けています。

以前のホタル通信でも書いているとは思いますが、“自ら進んで始
めた”というより、“勧められて始めた”が正解です。
ただ、全く興味がなかったわけではありませんから、背中を押して
もらった感はあります。
「昨年、プチトマトを育てた」ようなことを書いていますが、これ以上
のことには触れていません。今回の小説には不要なので、あえて
触れてはいませんが、見事に大失敗しています。
そこそこ実りはしたのですが、レモン以上の酸っぱさで、悶絶した
記憶が残っています。

100%実話ですから、読んで頂いた通りです。
脚色もほとんどありませんから、まさしく小説のようなやりとりが交
わされていました。
冒頭、家庭菜園にまつわる・・・と書きました。今回のように家庭
菜園を楽しんでいる様を描いたものが多いのですが、育てている
野菜そのものに触れていることも少なくありません。
特に「No.447 折れない心」がその代表例で、自分でも意外と思える
ほど、多くの拍手を頂いています。

よくある例え話ですが、経験談をもとに作られていますので、共感
を頂いているのでは?と勝手な分析をしています。
今年は、「No.935 見えない命」で発表した通り、連休と所用の関係
で、家庭菜園をスタートさせて以来、はじめて栽培を休みました。
もちろん、来年は育てるつもりですし、冬でも育つ“何か”があれば
挑戦してみるつもりです。
T408_20191003224701
web拍手 by FC2

| |

« [No.936-2]ロックとクラシック | トップページ | [No.937-1]外を眺めていた »

(116)通信No.401~425」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« [No.936-2]ロックとクラシック | トップページ | [No.937-1]外を眺めていた »