« [No.938-2]ある女の子の記憶 | トップページ | [No.939-1]価値がある十円玉 »

ホタル通信 No.409

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.493 ギザギザの葉っぱ
実話度:★☆☆☆☆(20%)
語り手:女性

会話についてはほぼ創作ですが、話の主軸の“ギザギザの葉っぱ”
は事実です。

実は今でも、この葉っぱを見ると、うさぎのエサを思い出してしまい
ます。小説ではこの葉っぱが、“タンポポ”ということになっています
が、少し自信がありません。
小説を書く際に、記憶の整理を行い、ネットで調べた上での結論で
したが、本当にそうだったのか、疑問が残っていないわけではあり
ません。

それはさておき、その葉っぱ摘みに奔走したのも事実です。
それが美味しいのかどうかは、うさぎに聞いてみないと分かりませ
んが、他の雑草よりは美味しそうに思えました。ギザギザ感がどこ
となく、水菜を連想させるせいでしょうか・・・そんな記憶も残ってい
ます。
ただ、そもそも論として“なぜタンポポの葉っぱなの?”にはお答え
することができません。飼育係に引き継がれた伝統と言いましょう
か・・・気付けばそうなっていたというのが本音です。

自分で言うのもなんですが、それにしても、変なネタを小説にした
ものだと呆れてしまいます。
“冬のホタル”らしいと言えばその通りですが、着眼点があまりにも
独創的で、読み返してみて、ちょっとひいてしまいました。
とは言え、そこそこしっくりくるオチにたどり着くのもいつもの通りで
「我ながら頑張ってるな」と褒めてあげたい気分です。

この話はスーパーの野菜売り場での会話です。
棚に並ぶ野菜を見て思い出した・・・という展開です。ただ、私にす
れば、野菜全部が“うさぎのエサ”にしか見えなくなってしまったこ
とを嘆きながら話が終わります。
T409

| |

« [No.938-2]ある女の子の記憶 | トップページ | [No.939-1]価値がある十円玉 »

(116)通信No.401~425」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« [No.938-2]ある女の子の記憶 | トップページ | [No.939-1]価値がある十円玉 »