« [No.942-2]子供は無敵 | トップページ | [No.943-1]あずましくない »

ホタル通信 No.411

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.463 蜜の味
実話度:★★☆☆☆(40%)
語り手:女性

タイトルだけでは内容が思い出せない小説があります。これも
そのひとつです。

この小説は正確に言えば前半はよく覚えていました。でも、ど
のような展開になるかは全く覚えていませんでした。言い換え
れば前半はほぼ事実のため、話を覚えていると言うより、経験
が記憶として残っていたわけです。
さて、この赤い花、何だか分かりますか?私も名前を忘れてし
まったため、ネットで調べてみました。「赤い花、蜜」で検索
すると、一発で出てきました。
さらには一番目に検索されたページは「学校の帰りにみんなが
吸った花の蜜」というから驚きです。ちなみに花の名前はサル
ビアです。

この花の蜜を吸えることを、どうやって知ったのかは覚えてい
ません。周りの影響というか、一種のブームみたいなものでし
ょうか・・・とにかく、気付けば吸っていました・・・という
のが事実です。
後半は、前半の流れを引き継ぎながらも、強引に恋愛系の話に
持ち込んでいます。まぁ、いつもの手口と言いますか、オチは
恋愛絡みの方が絵になると言うか小説っぽいと言うか・・・。

今回、花の名前を調べた時、少し気になることが書いてありま
した。そこには「少なからず毒があるので吸い過ぎには注意」
と。
今更ながら、「これは小説ネタで使えたのに!」とちょっと悔
しい気持ちになりました。
甘い蜜、毒・・・恋愛小説、そのものですよね。この小説を書
く際にもう少し調べていたら、違う結末が待っていたのかもし
れません。
T411
web拍手 by FC2

| |

« [No.942-2]子供は無敵 | トップページ | [No.943-1]あずましくない »

(116)通信No.401~425」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« [No.942-2]子供は無敵 | トップページ | [No.943-1]あずましくない »