« [No.926-1]黄色のラケット | トップページ | ホタル通信 No.403 »

[No.926-2]黄色のラケット

No.926-2

「でも、急にどうした?」
「・・・卓球、始めるの?」

昔と違って、雰囲気も変わった。
俺たちの時代は、少なからず卓球に偏見があった。
やや根暗なスポーツだと・・・。

「まさか!」
「うち、スポーツはまるでアカン」

ある意味、意外だった。
見た目は少なくとも文学少女ではないからだ。

「そうは見えないけどな・・・」
「それならどうして?」

今日、急に呼び出された。
それなりの理由がなにかあるはずだ。

(・・・まてよ)

こんな時は、かならず“あいつ”が出てくる。

「実はなぁ・・・」
「せいじゅうろうが・・・」

そう言うと、あいつを目の前に出してきた。

「随分と汚れたな~!」

そこそこ痛みも進んでいる。

「卓球、始めるんやて」
「せいじゅうろうが?」

もはや、“誰が”と本気でボケたりはしない。

「はぁ・・・いつものせいじゅうろうだよね?」

目の前にはいつものあいつか居る。

「よう見てん!黄色いラケット持ってるやん!」
「どこにだよ!?それは、まくら・・・」

片方がほつれて、ラケットを持っているようだった。
S926
(No.926完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

|

« [No.926-1]黄色のラケット | トップページ | ホタル通信 No.403 »

(S01)せいじゅうろう」カテゴリの記事

(038)小説No.926~950」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« [No.926-1]黄色のラケット | トップページ | ホタル通信 No.403 »