« [No.928-2]なぜか落ち着く店 | トップページ | [No.929-1]気が強い女 »

ホタル通信 No.404

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.476 気付かない
実話度:★★☆☆☆(40%)
語り手:女性

タイトルだけ見ると、どんな小説であったか全く思い出せません
でした。でも、読み返して見ると・・・。

読み返して最初に思ったのは「あれ・・・他にも似たような小説を
書いてるよね?」でした。あらためて言うことではありませんが、
“あるべき建物が無くなる話”はもはや定番と言っても良いくらい
冬のホタルではお馴染みの話です。
そして、いつも“気付けなかった自分”に対する罪の意識にも似た
感情がわいてきます。

つくづく思うのは、いつも目にしている光景なのに、いざそこにあ
った何かが無くなっても、全くと言っていいほど思い出せません。
単に目にしているだけでは、記憶として残らないのだと、つくづく
そう思います。
今回の話は多少の思い入れがあったため、そこにどのような店
があったのかを思い出すことはできています。でも、無くなった
ことはすぐには気付けませんでした。

こんな話を大真面目に書いていると、少し引かれそうですが、
「こうやって人の記憶からどんどん消えて行くんだ」と思うと少し
寂しい気持ちになります。
そんなこんなで、ややしんみりムードの展開だったので、ラスト
はコミカルに仕上げてみました。
T404
web拍手 by FC2

| |

« [No.928-2]なぜか落ち着く店 | トップページ | [No.929-1]気が強い女 »

(116)通信No.401~425」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« [No.928-2]なぜか落ち着く店 | トップページ | [No.929-1]気が強い女 »