« [No.924-2]さっきのグー | トップページ | [No.925-1]ロンサム・シーズンⅡ »

ホタル通信 No.402

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.473 私でした
実話度:★★★★☆(80%)
語り手:男性

実話度が高い分、何ともいえない“ゆるさ”で仕上がっています。
でも、お気に入りの小説のひとつです。

大阪以外でも、“551”をご存知の方は多いでしょう。大阪土産と
して持ち帰る人も結構いらっしゃいます。
冒頭、「お気に入りのひとつ」とは書きましたが、全体的に好きと
いうわけではありません。好きなのは、ラストの一行だけです。
このフレーズがあるから、この小説が成立していると言っても過
言ではありません。

そのラストの一行は実話です。つまり、実際にメールのやりとり
が行われた結果、最後に送られてきたものがその一行です。
それが何とも面白くて、車内で思わず吹き出しそうになったのを
覚えています。
小説だと、メールの他にアレコレ差し込まれているので、テンポ
は感じ難いですが、実際はテンポよく話が進んだために、ラスト
の一行が際立ちました。「私でした」という何の変哲もない一行
ですが、相手の表情や感情まで、その時感じました。

最近、小説の“質”が落ちていることを自覚しており、かなり長い
スランプに陥っています。
ただ、創作能力が落ちたのではなく、小説のネタを感じ取る感性
が落ち、魅力的な実話に出会っていないため・・・と言ったほうが
いいでしょうね。しばらく“我慢”が必要な今日この頃です。
T402_20190803232101
web拍手 by FC2

| |

« [No.924-2]さっきのグー | トップページ | [No.925-1]ロンサム・シーズンⅡ »

(116)通信No.401~425」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« [No.924-2]さっきのグー | トップページ | [No.925-1]ロンサム・シーズンⅡ »