« [No.922-2]それと同じ | トップページ | [No.923-1]虹の彼方へ »

ホタル通信 No.401

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.479 次の返事は
実話度:★★★★☆(80%)
語り手:男性

実話度は高めです。ただ、時系列が分かり難く、メールやら手紙
やらで、何とも収拾がつかなくなっています。

整理すればこうです。
まず、「夏季休暇には北海道に戻ってくるのですか?」のメール
が入り、返信はしたものの、これで会話は途絶えました。
その後、その返信とも言えるような出来事が冒頭のお菓子です。
そこに手紙が添えられており、過ぎ去った「夏季休暇」のことが
書かれていたわけです。

当時はLINEがなかったのでもっぱらメールでした。リアルタイム
での会話を望んでいたわけではないものの、せめて次の日くらい
には返事が欲しかったのが本音です。
場合によっては数ヶ月先に返事が来ることがあり、嬉しいやら悲
しいやら・・・複雑な気持ちになったものです。
これが恋愛のテクニックのひとつなら、彼女はかなりの上級者と
言わざるを得ません。

彼女は実在の人で、いまでも付き合いがあります。
・・・とは言うものの、その彼女が作者である“私”の可能性もある
わけですから、「冬のホタル」はどうしてこんなに面倒な小説なん
でしょうね。
T401
web拍手 by FC2

| |

« [No.922-2]それと同じ | トップページ | [No.923-1]虹の彼方へ »

(116)通信No.401~425」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« [No.922-2]それと同じ | トップページ | [No.923-1]虹の彼方へ »