« [No.907-1]頭隠して・・・ | トップページ | [No.908-1]気まずい関係 »

[No.907-2]頭隠して・・・

No.907

「それって・・・」
「まさしく、頭隠して・・・なんとやら・・・でしょ?」

本人は隠れているつもりらしい。
でも、尻尾が丸見えだった。

「それがなんともおかしくて」

つい、かまいたくなってしまった。

「ちょっと、驚かしてやろうかな・・・と」

忍び足で、後ろからそっと近づいた。

「そしたら、ようやく私の存在に気付いて」

その時の驚きようは、今でも脳裏に焼きついている。
動画を撮っていなかったのが悔やまれる。

「あんたも悪ね~」
「そんなつもりはなかったんだけどね」

ただ、結果的にかなり驚かせてしまった。

「で、ネコは?」
「そりゃ、一目散に逃げ出して・・・」

近くの草むらに消えていった。

「でも、また、尻尾が見えてるんだもん!」

一本ネジが抜けているというか、ドジなのか・・・。

「まるで私みたいで、笑っちゃうよ」
S907
(No.907完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| |

« [No.907-1]頭隠して・・・ | トップページ | [No.908-1]気まずい関係 »

(037)小説No.901~925」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« [No.907-1]頭隠して・・・ | トップページ | [No.908-1]気まずい関係 »