« [No.899-1]YATAI | トップページ | [No.900-1]暖かくなると・・・ »

[No.899-2]YATAI

No.899-2

「初めてみた・・・」
「・・・俺も」

昔のテレビドラマに出てくる定番中の定番の屋台だ。
土台がリアカーゆえに、もちろん人力で動いている。

「でも・・・すごくうまそうに見えるよな」
「それは言えてる」

少し離れた位置からでも、湯気が上がっているのが見える。
それだけでも食欲をそそる。

「雰囲気がそうさせてるんだろうな」

多分、“本当の味”自体はそう期待できない。
けど、雰囲気という魔法の調味料が加われば・・・。

「そして、年老いた主人が・・・」

会話に割り込むでもなく、聞き流すのでもない。
そこに、独特の時間が流れて行く。

「・・・まぁ、ドラマ・・・ではね」
「だな」

期待がどんどんと膨らんでくる。
加えて、一人前の大人になった気もする。

「じゃ、入るぞ!」

勢いよく、かざり程度の、のれんをくぐる。
そこにはファンキーな若者が一人立っていた。
S899_2
(No.899完)
読み
終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

|

« [No.899-1]YATAI | トップページ | [No.900-1]暖かくなると・・・ »

(036)小説No.876~900」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.899-2]YATAI:

« [No.899-1]YATAI | トップページ | [No.900-1]暖かくなると・・・ »