« [No.900-2]暖かくなると・・・ | トップページ | [No.901-1]父の仕事 »

ホタル通信 No.390

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.416 タイムマシン
実話度:★☆☆☆☆(20%)
語り手:女性

ホコリまみれのCDが、本棚の後ろから見つかったのは事実です。
事実はこれしかありません。

ハッキリとは覚えていませんが、もし、これがCDではなかったら
このような展開になっていなかったと思います。
つまり、この小説の肝は“何が見つかったのか”に他なりません。
多少こじつけ感はありますが、CDから元カレに結び付け、最終的
には“想い出”にまで至ります。
ここまでなら、一般的にありそうな話なので、ここからもう少しだけ
展開させてみました。

血やDNAが騒ぎ出す・・・くらいまで想い出を誇張させてみました。
タイトルでもあるタイムマシンに繋げるためです。
言わば「体中に広がる想い出の記憶」をタイムスリップに見立てた
わけです。
ラストの意味は分かりますか?特にひねりもなく、そのままの意味
です。
ただ、自分の中では「想い出深いCDを聴く」のも答えだし、CD以外
の別の品物から想い出にふける・・・ということも想定しています。
ここは何かひとつの答えを用意するよりも、読者の方々の想像に
お任せしようと考えました。

事実が少ない商業的な匂いがする小説ですが、作者の雰囲気は
よく出ています。やや空想癖があるような、ないような。
T390

web拍手 by FC2

|

« [No.900-2]暖かくなると・・・ | トップページ | [No.901-1]父の仕事 »

(115)通信No.376~400」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.390:

« [No.900-2]暖かくなると・・・ | トップページ | [No.901-1]父の仕事 »