« 11年目を迎えるにあたり | トップページ | [No.899-2]YATAI »

[No.899-1]YATAI

No.899-1

登場人物
女性=牽引役  男性=相手
-----------------------------
「・・・近くない?」
「みたいだな」

久しぶりに、あの定番のメロディを聞いた。
今も昔も変わらないようだ。

「どうする?」
「なによ、誘ってるの?」

会社帰り、偶然、違う部署の同期と出会った。

「腹が減っただけだよ!?」
「あら・・・そぉ?」

あからさまに言われるとそれはそれで寂しい。
相変わらず、乙女心を分かっていない。

「で、どうする?」
「そうね・・・」

そうこう話している内に、どんどん音が近づいて来る。
仕方ない・・・。

「まぁ、その誘いにのってあげるわ」
「だから、そうじゃなくて・・・」

あの頃と変わらない、青臭い会話が続く。

「ほら、見えてきたわよ」
「ほんとだ!」

驚くほど、ノスタルジックな屋台が少し先で停まっていた。

(No.899-2へ続く)

|

« 11年目を迎えるにあたり | トップページ | [No.899-2]YATAI »

(036)小説No.876~900」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.899-1]YATAI:

« 11年目を迎えるにあたり | トップページ | [No.899-2]YATAI »