« [No.876-2]大したことがない翼 | トップページ | [No.877-1]夢を描け »

ホタル通信 No.378

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.443 疾風のごとく
実話度:★★★★☆(80%)
語り手:男性

定番化しつつある通勤、通学途中のひとコマを描いた小説です。
実話度が示す通り、ほぼ事実に基づいた話です。

2018年10月現在、半年から1年近く彼女を見掛けていません。
理由は分かりませんが、私の出勤時間が少し遅くなったことも
原因のひとつかもしれません。
言い切れませんが、通勤や通学の時間、特に家を出る時間が
決まっている人は多いと思います。もし、彼女がかたくなに家を
出る時間を守っているとするならば、会う確立は当然下がって
しまうでしょうね。

通勤途中にすれ違う人は山のようにいます。その中には彼女の
ような気になる存在も少なくありません。
通勤途中ですから、のんびり過ぎるのも考えものですが、疾風
過ぎるのもチョット・・・です。彼女には悪いですが、かなり気合を
入れて自転車を漕いでいるのが分かります。尚、小説上の僕は
“徒歩”の設定ですが、実際は私も自転車です。ですから、相対
速度が半端じゃないですね。

もう少し家を早く出れば会えるかもしれません。よく後日談的な
小説も書きますので、もし彼女と会えたら発表しますね。
T378

web拍手 by FC2

| |

« [No.876-2]大したことがない翼 | トップページ | [No.877-1]夢を描け »

(115)通信No.376~400」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.378:

« [No.876-2]大したことがない翼 | トップページ | [No.877-1]夢を描け »