« [No.872-1]雨男の彼女だけに | トップページ | ホタル通信 No.376 »

[No.872-2]雨男の彼女だけに

No.872-2

「あの時・・・」

僕が家を出た瞬間、空模様が急激に変化した。
それまでは、そこそこ晴れていたのに。

「やっぱり!」
「なんだよ・・・その“やっぱり!”って」

予想された反応だけど、あっさりと認めたくない。

「だって・・・」
「時間的にそうなんじゃないかって思ってた」

待ち合わせの時間から逆算すればそうなるだろう。

「あの天気の変わりようだもん!」
「あなた以外に考えられないよ」

もちろん、単なる偶然に過ぎない。
ただ、状況によっては自信を失うこともある・・・今回のように。

「うぅ・・・」

特にゲリラ豪雨だっただけに、雨男が際立ってしまった。

「ごめん・・・俺のせいじゃないけど」

おかしな謝罪になった。

「相当、濡れただろ?」

自分自身もズブ濡れになってしまった。
自分が呼び寄せた雨に濡れた・・・何とも笑えない結果だ。

(ん?・・・いや、待てよ・・・)

全くと言っていいほど、彼女は濡れていなかった。
S872
(No.872完)
読み
終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

|

« [No.872-1]雨男の彼女だけに | トップページ | ホタル通信 No.376 »

(035)小説No.851~875」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.872-2]雨男の彼女だけに:

« [No.872-1]雨男の彼女だけに | トップページ | ホタル通信 No.376 »