« [No.871-2]思い付かない選択肢 | トップページ | [No.872-2]雨男の彼女だけに »

[No.872-1]雨男の彼女だけに

No.872-1

登場人物
男性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
「・・・」

久しぶりに、その力を発揮したような気がする。

「また、台風が来てるんだって!」

今年は台風やら大雨やら、何かと物騒だ。

「僕のせいじゃないぞ」
「そうなの?」

軽くイジられている。

「あのね・・・」

今年は出掛ける前に、雨が降っていることが多かった。
そのため、“雨男”にならずに済んだ。

「だって、最強の雨男でしょ?」
「おいおい・・・」
「冗談よ、冗談!」

僕にはとても冗談に聞こえない。
多少、やましい気持ちもあるからだ。

「まぁ、強く否定もできないけど・・・」

つい最近も雨男の所以たる出来事があったばかりだ。

「デートの日、大雨降ったよね?」

いわゆるゲリラ豪雨だ。
自分が住んでいる一帯が局地的な豪雨に見舞われた。

「あれ、凄かったよね!」

彼女も、近くに住んでいるから知っているはずだ。

(No.872-2へ続く)

|

« [No.871-2]思い付かない選択肢 | トップページ | [No.872-2]雨男の彼女だけに »

(035)小説No.851~875」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.872-1]雨男の彼女だけに:

« [No.871-2]思い付かない選択肢 | トップページ | [No.872-2]雨男の彼女だけに »